外観|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。

群馬県太田市にあります香山壽夫先生による設計の太田市民会館を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観とロビー・多目的室を撮影させて頂きました。残念ながら音楽ホールは利用中で拝見できませんでした。新建築 2017年9月号に発表された作品です。

ホールからラウンジ|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

ロビーからラウンジ

ラウンジの壁と天井がとても綺麗なワイン色です。

ロビーからホワイエ|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

ロビーからホワイエ

ホワイエから先は利用中で入ることができませんでした。音楽ホールとホワイエの間が縁切られトップライトがあるようです。

多目的室・ガラスカーテンウォール・スタジオ|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

多目的室 ガラスカーテンウォール スタジオ

レンガ透かし積の壁部分が多目的室でレンガ壁とガラスサッシのダブルスキンで防音となっているようです。写真右手のスタジオ外壁はコンクリート打ちっ放しで杉板本実仕様でしょうか、木目がきれいに転写されています。

多目的室ディテール|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

多目的室ブロックとガラスディテール

ガラスの継ぎ目横ラインとブロックの天端がそろっていませんでした。何か理由があるのだと思いますが、わかりませんでした。

ガラスカーテンウォールディテール|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

ガラスカーテンウォール端部ディテール

外壁の面と内壁の面がガラスカーテンウォール面にステンレス見切りをつけて段差を取り合わせているディテールとなっていて、躯体面は同じ面になっています。躯体を盗んで面をそろえない方法で設計しているようです。また、床がコンクリート磨き仕上げでスタジオの壁のコンクリート打ちっ放しとコントラストがあまりない構成となっていて勉強になります。

話は変わりますが、ネットの東京新聞の記事を見ました。竣工時この床にひび割れが起きて瑕疵として補修を行ったようです。コンクリート鏡面仕上げとして当初は目地がなかったそうですが、私が見学した際は、カッター目地が入っていました。建設業にたずさわる人であればご存知の方も多いと思いますが、コンクリート金コテ仕上げはひび割れが起こるのが前提といってもいい仕様です。誘発目地が優先されますが、その目地と直行方向に乾燥収縮が進むわけではないので必ず誘発目地部でひび割れが起こるとは限りません。

最近、片岡が見学した建物では、コンクリートまたはモルタル金コテ仕上げとして同様の仕様で床を仕上げた公共の建物として新潟県の秋葉区文化会館 東京都小平市のなかまちテラスがあります。なかまちテラスは相当ひび割れが進行していました。

秋葉区文化会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

なかまちテラス (小平市立仲町公民館・仲町図書館)|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

私もマンションの設計で屋外廊下、屋外避難階段や上階のエレベーターホールで床仕上げにモルタル金コテ仕上げを行ったことがあります。私の場合はお施主様に『必ずひび割れが起きます。しかし、見た目のひび割れで構造上の有害なひび割れではありません。長尺シートなどで覆いかくすこともできますが、私はひび割れたモルタル金コテ仕上げが見た目が悪いとは考えていませんので予算の都合もありますので、このままモルタル金コテ仕上げとして設計させてください。』とお施主様に申し出ています。

個人オーナー様の場合などは、打ち合わせで話合える環境があり、ご納得頂ければ可能ですが、公共建築工事では、お施主様である市民全員に説明する機会もなく、市民全員の了承を得たわけでもないので、このような事件が起こるのだと思います。なんでもツルツル・ピカピカで節(フシ)やあばたやヒビ割れを許さない自然の物理を許容しない仕上げが最良の仕上げという思想は私は持ちません。私は違う建築教育を受けてきています。

例えば、フローリングでも、節(フシ)のある自然木のフローリングよりも、合板の上に木目を印刷プリントした偽物のほうが、色も良く節(フシ)もないので木目がきれいだという認識が一般に広がっています。私の先生である東京芸術大学教授の北川原先生はひび割れは自然で美しいとお考えで自邸と事務所の床は目地無しのコンクリート金コテ仕上げとしています。床暖も内蔵されているので温度収縮も激しくたくさんひび割れています。ツルツル・ピカピカが最良とする風潮は、最大公約数的なつまらないデザインへと誘導され、量産住宅や公共建築などで蔓延するよくある原因だと思います。私は、建築デザインでは違う価値観があることを是非知っていただきたいです。

香山先生のデザインは、床仕上げがコテムラを消した鏡面として、大理石のように美しい仕上げまでコンクリートを昇華させたデザインです。市民感情として、『こんな立派な建物なのにロビーの床がひび割れとは』とよけいに目立ったのだと思います。

多目的室|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

多目的室

防音の2重ドアのディテールが見えます。

ガラスカーテンウォール|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

ガラスカーテンウォールと風除室

鉄骨丸柱はガラス面のそばにありますが、バックマリオンとして機能させているわけではなくてガラスリブで成立しているようです。外壁をテーパーで絞ってサスペンドガラススクリーンの開口部の制作限界に合わせているということでしょうか。勉強になります。

ラウンジディテール|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

ラウンジ横長窓

暗いラウンジから細く横長の窓のコントラストが素晴らしいです。

ラウンジからロビー|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

ラウンジからロビー

ロビー2階部分からもハイサイドライトの採光があります。

ホワイエ側外観ガラスカーテンウォール|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

ホワイエ側軒下空間

鋼板によるシャープな表現が大変勉強になります。

ラウンジ外留部ディテール|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

鋼板と躯体とラウンジのガラススリット

大判の鋼板が使われていて裏面の連結部と補強のリブが見えています。また、鋼板を薄く軽量化するために鋼板の4周を補強するように棒状の同鋼が平板に溶接されているようです。これだけ大きな鋼板を見せるディテールはなかなかないので、大変勉強になります。 ただ、鋭角なので裏の補強が盛大に見えてしまっていて、デザインの処理が鋭角部では躯体の面も絡んで、どう整合をとるのか難しい課題があると感じました。

ホワイエ側外観|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

音楽ホールとホワイエの外観

音楽ホールはコンクリート打ちっ放し、ホワイエ外観は鋼板と色味が似ていますが素材が全く違います。マッシブな表現が緑に映えて勉強になります。

太田市民会館公式サイト

関連記事

  1. 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。栃木県湯津上村(現・大田原市)にあります古市徹雄都市建築研究所・佐藤総合計画特定設計業務共同企業体による設計のなかがわ水遊園を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と一部の内部撮影をさせて頂きました。新建築 2001年9月号に発表された作品です。

    栃木県なかがわ水遊園|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  2. 片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)

    ユートリア(すみだ生涯学習センター)|住宅/ビル/マンション設計者の建…

  3. 片岡直樹の建もの探訪|まつだい「農舞台」

    まつだい「農舞台」|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  4. 奄美の高倉(あまみのたかくら)|江戸東京たてもの園 江戸時代末期頃 奄美大島にあった高床式の倉庫です。湿気や鼠の害から穀物を守るために、建物本体を地面から高く上げています。 このような高床式の建物は、東京都の八丈島などにも見られます。

    江戸東京たてもの園|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  5. 片岡直樹の建もの探訪|アーツ前橋

    アーツ前橋|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  6. ラウンジ|住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県村山市にあります高宮眞介先生による設計の最上川美術館・真下慶治記念館(旧真下慶治記念美術館)を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と美術品を映さない内部撮影をさせて頂きました。新建築 2006年3月号に発表された作品です。

    最上川美術館・真下慶治記念館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪…

  7. 片岡直樹の建もの探訪|横須賀市健康安全科学センター

    横須賀市健康安全科学センター|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪…

  8. 伊勢崎線太田駅からの外観|太田市美術館・図書館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

    太田市美術館・図書館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

片岡直樹| 建築家|一級建築士|設備設計一級建築士

片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所

代表 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を受賞しました。
  2. 歯科医院デザインデン|タルクリニックデザイン
  3. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  4. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  5. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  6. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  7. マンションインテリアデザイン
  8. 賃貸マンション外壁改修デザイン文京区駒込での事例

おすすめ記事

  1. 壁の中で出火『伝導過熱』防止策 築地火災から考える 内装制限と、コンロと壁の距離
  2. 片岡直樹の建もの探訪|アーツ前橋
  3. KJ2016年12月号片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所1page
  4. 賃貸マンション フルリノベーション事例 1階中廊下
  5. マンション・アパート経営にかかわる不動産業務のイメージ
PAGE TOP