コンクリート打ちっぱなしの家 デザイナーズ住宅

『価格 値段 メリット デメリット 暑い 寒い 地震』についての詳細はブログをご覧ください。

コンクリート打ちっぱなしの家 一級建築士の家 メリット デメリット

ファサード外観

ガラスとべニア板の木目が転写された普通型枠打ち放しコンクリートをサッシのフレームを使わずに面一(ツライチ)ディテールとしてファサードのアクセントとしています。

コンクリート打ちっ放しの家リビング天井杉板張り

リビングからキッチンへの眺め

天井の杉板が外部軒天井まで連続してのびやかさを演出しています。

光が入る地階の子供室

光が入る地階の子供室

敷地面積が約30坪で第一種低層住居専用地域です。敷地形状が北側隣地境界線が西側前面道路4mの間口に対して長いため第一種高度斜線の影響を大きく受けるため、地上3階建ては厳しい敷地条件です。お施主様のご要望を考慮すると光が入る地階を設けることを提案させて頂きました。

コンクリート打ちっぱなしの家 自然光が照らす地階廊下

自然光が照らす地階廊下と階段室の見上げ

大きな玄関ホールの北窓から地階にも光が入るよう計画しています。重力換気と温度差により、冬は地階に冷気がいかないように、空調された地階の暖気が階段室へ逃げないようにするため、階段室と地階では扉を設けています。また、夏の重力換気による通風を積極的にとるために扉の上にホイトコという換気用扉を設けています。これにより、階段室の煙突効果で暖気が上昇して抜け夏の涼しい風が地階の部屋に入るように計画しています。

自然光が照らす地階主寝室から廊下子供室への見通し

自然光が照らす地階主寝室から廊下子供室への見通しの眺め

地階のエアコンでは、通常ドレンアップキット・ドレンポンプキットという排水を地上レベルまで持ち上げるポンプを組み込む必要がありますが、地上に出ている空間を利用して自然排水とすることでドレンアップキット・ドレンポンプキットなしのリーズナブルな通常の家庭用エアコンが利用できるようにしています。将来のエアコンの交換やメンテナンスが容易になり、機種交換選定が機種を限定せず値段だけで選べるように自由度が増すメリットがあります。

また、冷媒管とドレインホースはLGS壁の中に通すことで配管が見えないようにしています。排水ドレインルートは、施工前に厳密に計画して直交する壁の位置とスリーブの位置を合わせています。

地階からエントランスへの見上げ

地階からエントランスへの見上げ

階段室には普通型枠コンクリート打ちっぱなし仕上げの耐力壁が地階から最上階まで連続して屋根を支えています。

玄関から北庭の大開口を見上げる

玄関から北庭の大開口を見上げる

階段室の北側は大開口のサッシを設けて階段室に光をいれています。

階段室の視覚的な連続感をエントランスとリビングから演出しています。

構造計画として、コンクリート壁式構造では柱型が無く、壁が柱の役目を果たします。

耐力壁のバランスが、南側開口部と北側開口部で同等の耐力壁量となるように意匠デザイン・プランニングで工夫しています。

建物重心を中央に持ってくることができ、平面構造計画上の偏心を防ぐことで、結果的に余分なコンクリート躯体を不要とでき、コストダウンにつながっています。

コンクリート打ちっぱなしの家 通風を視覚的に意識したガラスドア

リビングからガラスドアを通して階段室 北庭へと連続する見通し

新省エネ法の断熱仕様基準を満たした最新の断熱仕様ですが、エアコン一つで家の中すべての部屋の温度管理が快適にできるまでにはいたらないので、気積を区切るためにドアは設けています。

正面の壁は地階から屋根までつながる耐力壁です。 家の中心部で外壁からの折り返し断熱補強距離からも遠いので、コンクリート打ちっぱなし仕上げにすることも可能でしたが、リビングの雰囲気に合わないので、お施主様のご要望で塗装仕上げとしています。

強化ガラスドアは床ヒンジをなるべく緩くして、かつ、キッチンの換気風量に負けてドアが開かない程度に調整しています。また、ガラスドアのハンドルバーは木製として手触りを階段手すりと合わせています。

天井仕上げの無垢杉板は、バルコニー軒天上の不燃無垢杉板まで目地も含めて連続しています。異なる場所の仕上げでも連続したディテールとすることで奥行感が出るようにしています。

床仕上げは、無垢ナラ幅広フローリングで、TES(ガス温水システム)の床暖房対応品としています。

日が差し込む冬のリビング コンクリート打ちっぱなしの家

日差しが差し込む冬のリビング

都内の住宅が建て込んだ地域でも、太陽の光が多く差し込む明るいリビングにするため、1階リビングの床レベルが、地上より1.5m上げています。

キッチンからリビングを眺める

キッチンからリビングを眺める

写真右側のサッシは防火設備のため網入り複層low-Eガラスで空気層10mmを使用して新省エネ仕様基準としています。

サッシに連続してある中間の壁は、外壁仕上げはコンクリート打ちっぱなし仕上げです。内装壁側は断熱の上ボード下地で塗装仕上げとしています。

この壁を無くしてすべて南側開口部としてサッシにすることも可能です。

写真右手のサッシの中間にある壁は、構造計画上必要最低限のコンクリート量とするために必要な耐力壁です。

2階梁の長手方向のスパン距離が長くなり、たわみが大きくなります。中間に壁柱を設けて、不経済なコンクリート躯体寸法となることを防ぐために設けています。

 

コンクリート打ちっぱなしの家 温度差換気・重力換気を促す階段室

温度差換気・重力換気を促す階段室

この階段室は、重力換気が起きるように設計しています。

詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。

書斎

書斎

2階の書斎は道路側にFIX窓を設けています。外観のアクセントとしています。

写真左手のバルコニーは、強化ガラス自立手すり壁とがあります。写真では透明で分かりずらくなっています。

浴室

ハーフユニットを利用した浴室

浴室は壁面に磁器質タイルを貼っています。

少し前までは、湿式で洗い場・エプロンはタイルや石貼りとなり、トラップが金属製でした。

この仕様では、TOTOのハーフユニットを利用しています。防水は乾式。樹脂製トンラップ掃除口が、くるりんポイです。床はカラリ床となっています。ユニットバスと湿式デザインの『いいとこどり』ができる良い商品だと思います。

天井は、高度斜線で斜めカットされ浴槽にたっても頭が当たらないように設計しています。

脱衣室と浴室で南北通風が確保できるように計画しています。

天井はバスリブ天井としています。これは断熱材がサンドイッチされた商品で湯気が結露するのを防ぐ効果があります。

デザインを考えると天井塗装やヒノキ貼りが良いのですが、どうしてもカビ問題がでるため、機能建材であるバスリブをお勧めします。

南外構

南庭

セキュリティーを重視した塀を設けることがお施主様よりのご要望でした。地階に光を届けるため一部をガラス手すり壁としています。

また、屋外階段もコンクリート躯体で作ることもコスト削減につながりますが、地階居室の快適性を考慮して、極力地階に光を届けるのに邪魔にならないよう踏板部をグレーチングとするなど配慮しました。

PAGE TOP