エントランスとエクステンションギャラリーのガラスカーテンウォール外観

鶴岡アートフォーラム|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。

鶴岡アートフォーラムは、山形県鶴岡市の鶴岡公園に立地する市民ギャラリーと交流広場のある美術館です。小沢明先生による設計です。端正なディテールが大変勉強になります。すぐそばには、 曲線を多用した 荘銀タクトがあり、対比が楽しいです。

公共建築賞 BCS賞などを受賞しています。 2006年1月号に新建築で発表されています。

エントランスとエクステンションギャラリーのガラスカーテンウォール外観

グリッドが美しい端正な建物です。

鶴岡アートフォーラム

エクステンションギャラリー外観

ギャラリーとエクステンションギャラリーの2つのボリュームがずらして配置されて外部との関連を保ちながら構成されています。ガラスカーテンウォールが3層に分割されていて、一番下の層だけ透明で外部とつながっています。

エクステンションギャラリー外観

床面がフラットで外部と内部が連続しています。

風除室前の庇とエントランスホール側ガラスカーテンウォール

ガラスカーテンウォールの床面の無目枠が見えないようになっていてガラスが床に接しているように見えます。勉強になります。

エクステンションギャラリーのガラスカーテンウォール

屋根のパラペット立ち上がりより、ガラスカーテンウォールが600mmほど外側に張り出しています。

この600mmパラペット面をセットバックさせる効果が大変勉強になります。

外構ブロックとガラスカーテンウォールのディテール外観

外構 床とガラスカーテンウォールの構成が勉強になります。

鶴岡アートフォーラム|

水盤とフォーラム (交流広場)

水盤がすばらしいです。

鶴岡アートフォーラム|水盤とフォーラム

水盤とフォーラム (交流広場)

ギャラリー1とエクステンションギャラリーの構成 フォーラムと風除室2 ルーバー庇・水盤の構成が素晴らしいです。

鶴岡アートフォーラム|水盤とフォーラム

水盤とアトリエの外壁面

水深が結構あります。

鶴岡アートフォーラム|水盤とフォーラム

水盤とフォーラム(交流広場)

庇ルーバーの構成と柱の細さが素晴らしいです。

ガラスボックスと3連の庇という構成が安藤忠雄先生のフォートワース現代美術館の構成にどこか似ていると感じました。

鶴岡アートフォーラム|

出目地のコンクリート打ち放しの袖壁と水盤

景色を縁取る袖壁の構成が美しいです。

鶴岡アートフォーラム|

公園内の樹木に囲まれたフォーラム (交流広場) と水盤

鶴岡アートフォーラム|

透けるルーバー庇

鶴岡アートフォーラム|

ガラスカーテンウォール

枠にリブがついています。

鶴岡アートフォーラム|

エントランス内観

エントランスからエクステンションギャラリーに連続しています。

鶴岡アートフォーラム|

風除室とエントランス

よく見ますと、ガラスカーテンウォールのマリオンにブレースがところどころあります。

鶴岡アートフォーラム|

エントランス 階段

鶴岡アートフォーラム|

階段踊り場からのエントランス

鶴岡アートフォーラム|

階段

蹴込にルーバーがついています。視線をコントロールするためでしょうか。

鶴岡アートフォーラム|

階段ディテール

蹴込のルーバーのめずらしいディテール

鶴岡アートフォーラム|

エレベーターホールの押しボタン

ガラス手すり エスカレーターの昇降路から独立した押しボタンの形式です。勉強になります。

鶴岡アートフォーラム|

エレベーターホール

ガラス手すりと昇降路の構成がとても美しいです。

ガラス手すりはガラス断面保護の為スチールの極細のフレームが回っています。フレームレスやステンレス コの字枠を付けたディテールをよく見かけますが、スチールのフレームは珍しいと思いました。勉強になります。

鶴岡アートフォーラム|

ギャラリー1のタイルの切り替わり

ブルーグレーとホワイトのタイルの切り替わりが影のように感じて不自然さがありません。ブルーグレータイルの使い方が勉強になります。

鶴岡アートフォーラム|

2階からのフォーラム (交流広場) の見おろし

3方向がガラスで水盤まで視線が抜けていき壮観です。

鶴岡アートフォーラム|

2階からギャラリー2とフォーラム (交流広場)

アルミパンチングメタルの天井ルーバーが迫って見えます。

鶴岡アートフォーラム|

フォーラム (交流広場) 2階から水盤と鶴岡公園の眺め

鶴岡アートフォーラム|

1階からの フォーラム (交流広場)

鶴岡アートフォーラム|

エクステンションギャラリー

鶴岡アートフォーラム|

インフォパッサージュからエントランスホール

左手の事務室のカウンターがかっこいいです。エントランスホールのなかで透けた階段が受付事務スペースの採光を確保しているように感じました。

鶴岡アートフォーラム|

アトリエ トラックヤード側外壁面

トラックヤード

裏面ですが、手抜かりのない端正なディテールが素晴らしいです。勉強になります。

下記の情報は2019年12月25日に収集した情報です。

鶴岡アートフォーラム

最新の情報は鶴岡アートフォーラムのホームページをご覧ください。

住所:〒997-0035山形県鶴岡市馬場町13番3号
TEL:0235-29-0260

FAX:0235-22-6051

休館日: 毎週月曜日(月曜が祝祭日の場合は翌日)/年末年始(12月29日~翌年1月3日)
開館時間:9:00~21:30

関連記事

  1. 片岡直樹の建もの探訪|まつだい「農舞台」

    まつだい「農舞台」|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  2. 片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)

    ユートリア(すみだ生涯学習センター)|住宅/ビル/マンション設計者の建…

  3. 荘銀タクト鶴岡・コンサートホール・鶴岡市文化会館|住宅/ビル/マンショ…

  4. 片岡直樹の建もの探訪|川通どれみ保育園築山越しの外観

    川通どれみ保育園|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  5. いてこ十日町産業交流発信館外観正面

    いこて十日町産業交流発信館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  6. ヌーベル赤羽台1号棟 外観

    ヌーベル赤羽台1号棟|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  7. 片岡直樹の建もの探訪|ブルボン本社ビル

    ブルボン本社ビル|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  8. ラウンジ|住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県村山市にあります高宮眞介先生による設計の最上川美術館・真下慶治記念館(旧真下慶治記念美術館)を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と美術品を映さない内部撮影をさせて頂きました。新建築 2006年3月号に発表された作品です。

    最上川美術館・真下慶治記念館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪…

片岡直樹| 建築家|一級建築士|設備設計一級建築士

片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所

代表 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. デザイナーズ|賃貸マンション一棟まるごとリノベーション|デザイナーズ
  2. デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を受賞しました。
  3. 歯科医院デザインデン|タルクリニックデザイン
  4. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  5. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  6. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  7. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  8. マンションインテリアデザイン
  9. 賃貸マンション外壁改修デザイン文京区駒込での事例

おすすめ記事

  1. ヌーベル赤羽台1号棟 外観
  2. アクロス福岡(アクロスふくおか、ACROS FUKUOKA)
  3. 鶴岡市立藤沢周平記念館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪
  4. 外観|住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県村山市にあります高宮眞介先生による設計の最上川美術館・真下慶治記念館(旧真下慶治記念美術館)を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と美術品を映さない内部撮影をさせて頂きました。新建築 2006年3月号に発表された作品です。
  5. 頑丈な家
PAGE TOP