シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)|山形県の有名建築|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。

山形県山形市にありますシェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)です。

シェルターインクルーシブプレイス コパルさんの許可を頂いて2022年8月に撮影させて頂きました。

設計は、大西麻貴先生+百田有希先生/o+hです。

この建物は、PFI方式で運営されています。

PFI方式とは、公共事業を実施するための手法の一つです。

株式会社夢の公園(代表企業・建設株式会社シェルター 設計・監理株式会社オープラスエイチ 建設株式会社高木株式会社Otias石川建設産業株式会社株式会社タカハシ電工 維持管理太平ビルサービス株式会社山形支店ALSOK山形株式会社 運営合同会社ヴォーチェ特定非営利活動法人 生涯スポーツ振興会(アプルス)

という10社が出資した会社が、設計・建設・改修・更新や維持管理・運営を行う公共事業の手法です。

施工も担当されたシェルターさんは、耐火木造で有名な山形県の会社です。

2023年日本建築学会作品賞を受賞されています。

関係者の皆様 おめでとうございます。

新建築 2022年7月号 GA JAPAN 177 日経アーキテクチュア 2022年8月25日号に作品が発表されています。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

2階スロープからエントランスホールの眺め

平面的には、3次元曲面の屋根・天井下地は鉄骨造平面トラスで体育館と大型遊戯場をつなぐ鉄筋コンクリート造の共用部・スロープ2階部分が中心部に配置されています。

断面的には、屋根鉄骨平面トラスと鉄筋コンクリート造が近づくところにブレースが配置されて、屋根の水平力を鉄筋コンクリート造部分に伝えています。

この鉄筋コンクリート造のスロープがバランス良く配置されることで、その他の鉄骨ブレースが最小限に抑えられているそうです。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

体育館からエントランス方向の西側の眺めには、朝日連峰 飯豊山 白鷹山地域がひろがります。

山形市は東西に山に囲まれた盆地です。

東側の有名な蔵王連峰の他にも、田園の先の山並みが眺められます。

山形の地形に配慮した東西に開放された窓をもつ配置が素晴らしいです。

無柱空間となる大スパンはカラマツ集成材のアーチ梁で最大スパンは25mです。

そのまわりは3次元曲面の鉄骨平面トラスでかこまれています。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

体育館 東側の窓

外壁の外にある鉄骨柱と平面トラス屋根の接合部は、鋼管をもちいたノンダイヤ形式の剛接合となっていて、梁の連続性が確保されることで、梁上での自由な柱配置を可能にしているそうです。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

大型遊戯場 スロープ上から見下ろし

窓の外には雨の時に『コパルの滝』ができる『みずのひろば』がみえます。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

大型遊戯場

天井の集成材アーチは最大スパン19mで木造部分です。

子供たちが遊ぶスロープの勾配は1/12~1/40でさまざまな子供たちが遊べるようになっています。

天井仕上:細木繊維化粧板t14mm

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

大型遊戯場のスロープにかこまれたくぼみの上にネット小屋がかけられています。

床:合板t12+12の上クッションマットt50mm リノリウムt2.5mm 遊具部シナ合板t4mm

天井:PB9.5の上クロス貼り

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

エントランスホールから図書コーナーの眺め

写真左の外の景色はゆめのひろば、右手は体育館です。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

エントランス 

3本あるスロープの一つとなる西側スロープが屋根へのびていきます。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

屋根とコンクリート壁が近くなった部分にブレースが配置されています。その他のブレースが最小限におさえられて周辺環境への眺望が確保されているそうです。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

ゆめのひろばには、食育カフェ『little JAM』入口があります。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

食育カフェ『little JAM』の店内

片岡もおいしい飲みものを頂きました。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

体育館

床レベルが-900に下げられていています。

蔵王連峰が窓の外に広がります。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

屋根:鉄骨平面トラス アスファルトシングルt2.8mm 改質アスファルト防水

軒天井:木下地 珪酸カルシウム板t6mm+6mm AEP塗装(ローラーリシン)

幕板:杉板目透かし貼り

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

かぜのひろば

屋上にのぼるスロープと緑化があります。

鉄骨トラス屋根と大スパン木造屋根の上を屋上緑化しているのではありません。

屋根全体の水平力を負担して、閉じる必要がある部屋を鉄筋コンクリート造としています。

鉄筋コンクリート造の屋上を緑化して、そこまでの勾配をGLから盛土してつなげているとても合理性の高い計画です。

片岡は見学しているとき、屋根の上を緑化していると勘違いしていました。

そう思わせるほど秀逸な構成にあとで驚きました。

日本建築学会賞を受賞する設計はやはり違います。

すごいです。

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

シェルターインクルーシブプレイス コパル(山形市南部児童遊戯施設)

https://copal-kids.jp/

2023年6月10日現在の情報です。最新情報はコパルさんのWEBサイトをご覧ください。

2022年8月見学当時は、コロナ禍ということもあり、平日でも大人気の施設で事前予約+時間交代制でした。

入場ご希望の方はご注意ください。

住所:山形県山形市片谷地580−1

施設案内

利用料 無料

利用時間:屋内施設:9:00~18:00

     屋外施設:9:00~18:00

          (10~3月は16:00まで)

休館日:毎月第2・4火曜日(祝日の場合は翌日) 1月1日

来館予約が必要です。

片岡直樹| 建築家|一級建築士|設備設計一級建築士

株式会社片岡直樹一級建築士事務所

代表取締役 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. コンクリート打放しデザイナーズマンション|新宿区市ヶ谷|コントゥール市ヶ谷歌坂
  2. マンション内外装リノベーション工事事例です。|足立区綾瀬
  3. デザイナーズマンション グッドデザイン賞
  4. すがも歯科|歯科クリニック内装工事事例です。
  5. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  6. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  7. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  8. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  9. マンションインテリアデザイン

おすすめ記事

  1. E号室洋室3|新築コンクリート打放しデザイナーズマンション 新宿区市ヶ谷 タイプEのご紹介建設事例です。
  2. 栃木県の有名建築 那須塩原市図書館みるる
  3. ヌーベル赤羽台1号棟 外観
  4. ミナカ小田原 所在地:神奈川県小田原市栄町一丁目1-15 発注者「:万葉倶楽部株式会社 企画設計:万葉倶楽部株式会社一級建築士事務所 実施設計:五洋建設株式会社本社一級建築士事務所 木造部実施設計:株式会社シェルター建築設計事務所 環境デザイン 株式会社アンデザイン 施工者:洋建設株式会社東京建築支店・株式会社石井工務店(低層棟木造・外装)
PAGE TOP