大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

ROOFLAG大東建託賃貸住宅未来展示場|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。

ROOFLAG (ルーフラッグ)大東建託賃貸住宅未来展示場は、 江東区にある大東建託のショールームです。60M*50M*34Mの三角形の大屋根を直交集成材CLTで架構した施設です。原田真宏先生+原田麻魚先生と 国際的な総合エンジニアリング・プロフェッショナルサービス企業 Arup オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ社 による設計です。国産杉材をCLT工法に大規模に適用した建物です。

アトリウムの大空間の空間体験に感動しました。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

北側のCLT大屋根とガラスカーテンウォールと木毛セメント板の壁が集まる部分です。

先端はCLTの梁せいが高さ2300あるので、意匠的には点で集まる納まりに見せていません。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

大迫力のCLT大屋根とスレンダーな方立てマリオンの大空間です。

素晴らしいです。

ちなみに、施工は東急建設さんで現場でBIMを利用しているそうです。

ROOFLAG×東急建設×BIMyoutubeがあります

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

大迫力の素晴らしいアトリウムエントランス方向の眺め

CLT大屋根の勾配が上がってく方向です。

アトリウム西側ラーチ合板コンクリート打放仕上げの4層壁が見えて大空間を感じます。

なぜ木をむきだしで使うことができるの ? 火事は大丈夫?|耐火性能検証法

耐火性能検証法(令108条の3 1項1号)(平12建告1433号)により、天井を高くして大きい空間とすることで、火災時に熱がこもりにくくする対策を講じると、梁を木材(小径200mm以上)のあらわしで用いることが可能になることを用いていると思われます。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

2,3階の床スラブがポストテンションスラブとなっているそうです。大屋根が乗ることでコンクリート躯体の4階建て部分とガラスカーテンウォールマリオンが開いていくのを防ぐ役目と座屈防止効果があるのでしょうか。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

ここは埋め立て地なので孔内水位は高いのではと思います。掘り下げた理由がわかりませんが、 アトリウム床面が階段席になっています。 なにか理由があるのだと思います。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

CLT大屋根がコンクリートのボリュームに乗せられ、先端で大きく荷重を負担しているのでしょうか。そのためのコンクリートボリュームに見受けられます。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

南東からの光が、CLT大屋根とラーチ合板コンクリート打放し4層の間にあるスリットから入っています。

素晴らしい空間体験です。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

写真正面は、ラーチ合板打放仕上げの壁面、左手は木毛セメント板の壁、床はコンクリート金鏝仕上げの同じグレーのトーンが重なっています。

床と壁の間は大きなスリット溝があります。構造上の縁が切れているのでしょうか。床スラブは剛床仮定が成立して反対側のガラスカーテンウォールマリオンと同じスラブ上にあり拘束されているのではないでしょうか。わかりませんでした。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

3階セミナースペースの開口からのCLT大屋根の眺めは床までガラス面がありアトリウム内観を眺めることが出来ます。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

大断面のCLT大屋根と細いガラスカーテンウォールのマリオンのコントラストが素晴らしいです。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

CLT大屋根と木毛セメント板の壁

南面から入る水平スリットからの光が木毛セメント板に差します。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

このガラスカーテンウォールマリオンは、CLT大屋根の鉛直荷重も支持していると思われます。これだけ細いとインゴットでしょうか。スゴイ細長比のように見えますが、途中にスラブと横材トランザムの座屈防止材が入って拘束されています。

このアングルで写真を撮るとパース以上に傾斜が効いていて面白いです。

頂部のガラスカーテンウォールとCLT大屋根、コンクリート4階建て部分の納まりが見えます。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

マッシブなコンクリートが乗った凄いキャンティレバー片持ち梁構造表現です。

素晴らしいです。

南西面のガラス開口部の下面には、強い傾斜がつけられた コンクリート打ちっ放しを強調するデザインで 、水切りが無い納まりとなっていす。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

北西面の大ガラスカーテンウォールファサードと下りてくるガラスとポリカーボネイトのCLT大屋根を上から見ることが出来ます。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

屋根面の雨水集水口から2本出しの樋があります。

2300の梁せいがあるCLTの妻面を隠すように縦ハゼの鋼板が破風板の仕上げとなっています。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

3階北西部のアトリウムへのホールからCLT大屋根の眺めは、迫力のあるCLT大屋根を近くに感じられて素晴らしいです。

これだけ北側開口部が大きくて、なおかつ天井が傾斜しながらの大空間吹抜けで、熱だまりになりやすい3階に居ても1階と温熱環境が変わらないように感じました。なにか凄い工夫があるのでしょうか。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

ラーチ合板コンクリート打放し仕上げの壁

とても荒々しい仕上げのラーチ合板コンクリート打放しに、ガラスが繊細に飲み込まれたディテールのコントラストが素晴らしいです。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

床:コンクリート打放し金鏝仕上げ、壁:ラーチ合板コンクリート打放し仕上げ、木毛セメント版と3つのグレーの同じカラートーンの重なりがあります。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

地下部分へのスロープ前に広くて浅いグレーチングがあります。集水効果が高いのではと思います。初めて見ました。勉強になります。

あまりにも巨大な破風板の縦ハゼ鋼板なので、パッと見たときになんだかわかりませんでした。すごいです。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

CLT大屋根のディテールです。

部材を接合する節点(ノード)に使用するコネクタ はストローグ製CLTコネクターが使用されているそうです。接合部木材の欠損が少ない利点があるそうです。埋木がされて接合金物が見えないようになっています。

直交CLT材はH2300W270、斜CLT材は、H2300W210。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

木毛セメント板の横目地を大きく開けて下地のLGSが見える仕上げとなっています。木毛セメント板に厚みがかなりあり、目地深さもあるディテールです。大空間で大きく目地を見せている手法で下地LGSも普通に仕上げとして見えると、どうなるのか興味深く拝見させて頂きました。勉強になります。

もしかすると壁内空調のスリットなのかもしれません。

大東建託賃貸住宅未来展示場ROOFLAG 場所:東京都江東区東雲一丁目4-1 設計:マウントフジアーキテクツスタジオ/アラップ 施工:東急建設

コンクリート打放し、中空セメント板、セメント板立ち上がりコンクリートモルタル金鏝仕上げ、傾斜路の真空コンクリートと同じグレーの仕上げが4種類重なります。

見学につきまして

ROOFLAG賃貸住宅未来展示場

東京都江東区東雲一丁目4-1

下記の情報は2021年1月12日に収集した情報です。

ROOFLAG賃貸住宅未来展示場は完全予約制です。

こちらのリンクをご覧ください。

https://www.kentaku.co.jp/rooflag/visit/

今回は、現地の案内役の方の他に、共通のお施主様のお付き合いのご縁がある大東建託様には、休日の土曜日に支店営業の方がROOFLAGまで出向いて頂いての同行を頂き、さらに、お土産まで頂き、大変恐縮しきりでした。

あらためまして、お礼申し上げます。大東建託様ありがとうございました。

関連記事

  1. 奄美の高倉(あまみのたかくら)|江戸東京たてもの園 江戸時代末期頃 奄美大島にあった高床式の倉庫です。湿気や鼠の害から穀物を守るために、建物本体を地面から高く上げています。 このような高床式の建物は、東京都の八丈島などにも見られます。

    江戸東京たてもの園|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  2. 白井屋ホテル 所在地: 〒371-0023 群馬県前橋市本町2丁目2−15 設計 藤本壮介建築設計事務所 施工 冬木工業

    白井屋ホテルグリーンタワー|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  3. エントランスとエクステンションギャラリーのガラスカーテンウォール外観

    鶴岡アートフォーラム|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  4. 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。栃木県那須郡那珂川町にあります隈研吾先生による設計の那珂川町馬頭広重美術館を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と展示室以外にあるエントランス部の内部撮影をさせて頂きました。新建築 2000年11月号に発表された作品です。村野藤吾賞 日本建築学会作品選奨などを受賞されています。美術館にはカフェが併設されています。

    那珂川町馬頭広重美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  5. 片岡直樹の建もの探訪|まちなか交流広場ステージえんがわ正面

    まちなか交流広場ステージえんがわ|住宅/ビル/マンション設計者の建もの…

  6. 片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)

    ユートリア(すみだ生涯学習センター)|住宅/ビル/マンション設計者の建…

  7. 片岡直樹の建もの探訪|ブルボン本社ビル

    ブルボン本社ビル|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  8. 外観宿泊棟 フォレスト益子|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

    フォレスト益子|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

片岡直樹| 建築家|一級建築士|設備設計一級建築士

片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所

代表 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. デザイナーズ|賃貸マンション一棟まるごとリノベーション|デザイナーズ
  2. デザイナーズマンション グッドデザイン賞
  3. 歯科医院デザインデン|タルクリニックデザイン
  4. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  5. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  6. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  7. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  8. マンションインテリアデザイン
  9. 賃貸マンション外壁改修デザイン文京区駒込での事例

おすすめ記事

  1. 飯山市文化交流館なちゅら
  2. 片岡直樹の建もの探訪|アーツ前橋
  3. ヌーベル赤羽台1号棟 外観
  4. 外観 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県米沢市にあります山下設計さんによる設計の市立米沢図書館・なせBA・米沢市民ギャラリーを見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と一部の内部撮影をさせて頂きました。新建築 2017年3月号に発表された作品です。
  5. 鬼石多目的ホール
PAGE TOP