片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビル外観

三浦工務店本社ビル|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

外観

住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。

新築賃貸マンションやリノベーションの施工で大変お世話になっている東京都足立区にあります三浦工務店さんが本社ビルを建て替えられ見学会にお邪魔しました。設計は、浅井アーキテクツ 浅井正憲先生になります。夜景を撮りそこねてしまいましたが、照明設計をシリウスライティングオフィスというスカイツリーの照明デザインで有名なデザイン事務所が行っています。

片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビル木ルーバー外観

外観 木ルーバー

不燃木ですと既製品では板状のものしか知らなかったので、柱状のものでも不燃加工ができるようになったことを知りました。110角までは柱材でそれ以上は集成材としているとのことでした。見学会なので施工の詳しい解説を伺うことが出来勉強になりました。

片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビル外観

外観 

隣接する建物がマンションや戸建てといった環境のため、視線のコントロールとしてルーバーが設けられているとのことでした。

基壇 コンクリート端部ディテール

正面の杉板コンクリート打ち放しからイソバンド立ち上がり基礎コンクリートに切り替わりがあります。

片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビル基壇コンクリートとサッシのディテール

基壇 杉板コンクリート打ちっぱなしとカーテンウォールのディテール

木ルーバーとくっきりと転写された杉板コンクリート打ちっぱなしと外構が自然な風合いでマッチしていると思いました。勉強になります。

柱部ディテール

この建物は外壁に杉板コンクリート打ちっぱなしの部分があるので、鉄筋コンクリート造のように見えますが、鉄骨造純ラーメン構造です。鉄筋コンクリートの外壁と鉄骨造柱が取りつく柱状のコンクリート打ちっぱなしがスリット状にシールで縁が切られています。構造特性上の層間変位の違いをしっかり考慮したディテールなのだと思います。スリットが無いほうが美しいですが、もしこのスリットがないと、柱状の部分と立ち上がりの部分でコンクリートにひび割れが生じます。ここが昔の建築家と今の建築家の違いだと思います。昔の建築家は無理矢理な意見を構造設計者と施工者に押しつけ通してスリット無しで美しさを優先します。

片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビルエントランスオーバーハング

エントランス 駐車スペース

車止めがかっこいいです。初めて見ました。鉄骨造の構造を生かしたオーバーハングが合理的な軒下を構成していてとても考えられたプラン構成だと思いました。勉強になります。

片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビルエントランス端部ディテール

木ルーバーとイソバンド端部ディテール

基壇の杉板コンクリート打ちっぱなしとイソバンドの切り替わり イソバンドと木ルーバーと軒天パネルの出隅ディテールがあります。基壇の立ち上がりに巾木状のコンクリート部があります。柱と腰壁でスリットが切られています。

片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビルイソバンド外壁部

サブエントランス側外壁

奥まったサブエントランス側は基壇が杉板コンクリート打ちっぱなしで2.3階外壁がイソバンドとアルミサッシの構成になっているようです。視線をコントロールした横連窓からイソバンドが横使いになってるのかもしれません。鉄骨造純ラーメン構造とも合理性があってとても理論的なデザインなのだと思いました。勉強になります。

片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビルコンクリートの切り替わり

接道しない見えない壁面をイソバンド壁としています。イソバンドですとGLからの壁面立ち上がりを鉄筋コンクリート造とする必要があるので、その連続として、接道して見える部分を杉板コンクリート打ち放しとして天井面まで立ち上げているのだと思います。合理的な解決策で勉強になります。

基壇コンクリートの切り替わりディテール

片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビル裏手イソバンド外壁部

裏手外壁

立ち上がりコンクリート壁とイソバンド外壁となっていました。フェンスが目隠しタイプとネットフェンスと2種類あります。近隣対策で住宅街のオフィスの事情に合わせた仕様なのかもしれません。

片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビル裏手イソバンド外壁部見返し

裏手のイソバンド外壁

隣地境界に接する外壁面をイソバンドを横使いとしています。

片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビルエントランスホール

エントランスホール 階段室

階段踏み板が大判の銘木突板です。床フローリングも幅広の銘木を使った貴重な仕様です。普通では手に入らない木にくわしいゼネコンならではの仕様だと思います。

片岡直樹の建もの探訪|三浦工務店本社ビルエントランスホールと神棚

神棚

神棚の壁面も幅広銘木突板仕上げとなっています。

関連記事

  1. 片岡直樹の建もの探訪|横須賀市健康安全科学センター

    横須賀市健康安全科学センター|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪…

  2. 森の教会アルカーサル迎賓館 高崎|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪 外観

    森の教会/アルカーサル迎賓館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪…

  3. 村山市総合文化センター 甑葉プラザ|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県村山市にあります高宮眞介先生+日総建による設計の村山市総合文化センター 甑葉プラザを見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と内部撮影をさせて頂きました。新建築 2010年10月号に発表された作品です。

    村山市総合文化センター 甑葉(しょうよう)プラザ|住宅/ビル/マンショ…

  4. 外観|住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県村山市にあります高宮眞介先生による設計の最上川美術館・真下慶治記念館(旧真下慶治記念美術館)を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と美術品を映さない内部撮影をさせて頂きました。新建築 2006年3月号に発表された作品です。

    最上川美術館・真下慶治記念館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪…

  5. 片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)

    ユートリア(すみだ生涯学習センター)|住宅/ビル/マンション設計者の建…

  6. 片岡直樹の建もの探訪|横浜市立大学YCUスクエア外観

    横浜市立大学YCUスクエア|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  7. ラウンジ|住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県村山市にあります高宮眞介先生による設計の最上川美術館・真下慶治記念館(旧真下慶治記念美術館)を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と美術品を映さない内部撮影をさせて頂きました。新建築 2006年3月号に発表された作品です。

    最上川美術館・真下慶治記念館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪…

  8. 片岡直樹の建もの探訪|まちなか交流広場ステージえんがわ正面

    まちなか交流広場ステージえんがわ|住宅/ビル/マンション設計者の建もの…

片岡直樹| 建築家|一級建築士|設備設計一級建築士

片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所

代表 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を受賞しました。
  2. オフィスインテリアデザイン南青山
  3. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  4. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  5. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  6. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  7. マンションインテリアデザイン
  8. 賃貸マンション外壁改修デザイン文京区駒込での事例
  9. レストラン店舗デザインリフォームの事例南青山

おすすめ記事

  1. すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪
  2. 壁の中で出火『伝導過熱』防止策 築地火災から考える 内装制限と、コンロと壁の距離
  3. 外観 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県米沢市にあります山下設計さんによる設計の市立米沢図書館・なせBA・米沢市民ギャラリーを見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と一部の内部撮影をさせて頂きました。新建築 2017年3月号に発表された作品です。
  4. 頑丈な家
  5. 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。福島県郡山市にあります渡部和生先生による設計の福島県立郡山養護学校を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と内部撮影をさせて頂きました。新建築 新建築 2001年7月号に発表された作品です。国内で最も権威のある建築の賞である日本建築学会賞・作品賞を2004年に受賞されています。
PAGE TOP