2018PC自作|Intel Core i7 8700K|GEFORCE GTX1070tiでレンダリングマシンを組みましたレンダリングPCの自作を検討している方の参考になれば幸いです。今回のPCは3DCGのレンダリングソフトを乗り換え、別のレンダリングソフト習得をテストするために組んでいます。これから乗り換えようとしているレンダリングソフトの要求性に沿ったPCを組むのが目標です。
  • CG

2018年8月PC自作(前編)|Intel Core i7 8700K|GEFORCE GTX1070tiでレンダリング用PCを組みました

2018年のお盆期間を利用して2年ぶりくらいにPCを組みました。備忘録として書いています。レンダリングPCの自作を検討している方の参考になれば幸いです。

今回のPCは3DCGのレンダリングソフトを乗り換え、別のレンダリングソフト習得をいくつかテストするために組んでいます。

これから乗り換えようとしているレンダリングソフトの要求性能に沿ったPCを組むのが目標です。

自作にあたりまして、こちらのブログを参考に構成を決めました。

【2018年PC自作】Intel Core i7 8700Kを使って最強PCを自作してみた! この構成超おすすめ!(さっさん部ログ)

自作PCにトラブルはつきものです。トラブル解決の心労を買うと思えばBTOパソコンの方が安いと思います。トラブルを買ってでもしたいという方だけに自作をお勧めします。

1.レンダリングソフトの推奨パソコンスペックが目標です。

  • グラフィックカード:8000以上のパスマーク、メモリは6GBおよびDirect11以降と互換性があるもの。2枚のグラフィックスカードでは動作しませんのでご注意ください。
  • 中でも特にグラフィックカードのPassMark(最小1500以上)が重要です。CPUおよぼびメモリーの容量も大切ですが、グラフィックカードの性能に大きく依存しています。
  • OS:64-bit Windows10
  • CPU:可能な限り高いGHz値、理想的には4.0GHz以上のCPUが望ましい。 GHz値が低いと、Nvidia GTX 1080やNvidia Titan X(Pascal)などの高速グラフィックスカードを使用しても、上手く作動しない可能性がある。 CPUはクォーター(4つのコア)以上のスペックでも、大きな違いはない。 4.0 + GHzのi7-8700Kやi7-7700KなどのCPUが適している。 Xeon CPUは3.4GHzより低い値を持つため、推奨できない。
  • メモリ:16GB以上でなるべく高いMHz値
  • モニター解像度:1920x1080px以上の解像度
  • 空き容量:20GB   (シェアしないメモリで)
  • 動作時:インターネット接続必須(リモートデスクトップは不可)
  • ハードドライブ:20GBのディスク容量
  • 電源:Corsair、Super Flower、EVGA、Seasonicなどの評判の良いメーカーの電源を使用すること。理想的な電源は、金またはチタン定格80+のマークがあるもの※これは、非常に効率的かつ、需要の変動にもかかわらず安定した電流を維持できることを意味します。
  • ハイエンドのNvidia GTXグラフィックスカードに必要な電源の概要を以下に記載
    Nvidia GTX 1060:最低400Wの金定格電源だが、少なくとも550Wを推奨する
    Nvidia GTX 1070:最低500Wの金定格電源だが、少なくとも650Wを推奨する
    Nvidia GTX 1070 Ti:最低500Wの金定格電源だが、少なくとも650Wを推奨する
    Nvidia GTX 1080:最低500Wの金定格電源だが、少なくとも650Wを推奨する
    Nvidia GTX 1080 Ti:最低600Wの金定格電源だが、少なくとも750Wを推奨する

2.CPU Intel Core i7 8700K コスパの良いCPUなのですが・・・・

レンダリングソフトの要求スペックにありますように、クロック数の高さが求められいて、コア数は4コア以上はスピードアップに貢献しないようです。

最近のCPUはクロック数ではなくてコア数の多さを高性能とアピールしているように見受けられますが、要求されていない方向なのがつらいです。

競合するCPUとしては、AMD CPU Ryzen 7 2700X があると思いました。競合としてはクロック数も8700kが3.7 GHzに対して4.3GHzとなっているので、こちらの方が要求スペック条件にマッチしているように思います。しかし、レンダリングソフト会社の推奨スペックの記述に一切AMD CPUのことが記載されていなかったので、断念してしまいました。本当のところはAMD CPU Ryzen 7 2700Xの方がよかったのでしょうか。わかりません。

Intel CPU Core i7-8700K AMD Ryzen 7 2700X
価格(2018/8/13 amazon調べ)
43,200円
33,858円
CPU速度 3.7 GHz 4.3GHz
コア数

6

8
レンダリングPCの自作を検討している方の参考になれば幸いです。今回のPCは3DCGのレンダリングソフトを乗り換え、別のレンダリングソフト習得をテストするために組んでいます。これから乗り換えようとしているレンダリングソフトの要求性に沿ったPCを組むのが目標です。

Intel CPU Core i7-8700K 3.7GHz 12Mキャッシュ 6コア/12スレッド LGA1151 BX80684I78700K 【BOX】

amazon

3.マザーボード TUF H370-PRO GAMING

これはちょっと失敗かもしれません。マザーボードの用途がゲームの人を主眼にしているので、ゲームができない人でも、パソコンを起動させるたびにGAMINGとモニターに最初表示されます。性能は問題ありません。

4.ケースはベストセラーのCooler Master CM690Ⅲ

2年前に組んだPCのケースと同じになってしまいました。こんな事は初めてです。内部を見せるガラスやアクリルケースなども必要ないので、冷却性とコスパ重視となりますとこうなるようです。

CoolerMaster ミドルタワー ATX PCケース CM 690 III (型番:CMS-693-KKN1-JP)

amazon

5.メモリ 16GB以上でなるべく高いMHz値が必要です

CPUがサポートしているなかでなるべく高いMHz値となるので、サムスンメモリーデスクトップPC向けサムスン純正モジュール採用288Pin DDR4-2666 32GB(16GBx2枚組)デュアルチャンネルキットとしました。できれば2スロットの空きがマザーボードにまだあるので64GBとしたいのですが、メモリーは高いです。製造日が異なったりメーカーが変わったりしてしまいますが、時期を見て増設する予定です。

レンダリングPCの自作を検討している方の参考になれば幸いです。今回のPCは3DCGのレンダリングソフトを乗り換え、別のレンダリングソフト習得をテストするために組んでいます。これから乗り換えようとしているレンダリングソフトの要求性に沿ったPCを組むのが目標です。

ARK (アーク)ARD4-U32G48SB-26V-D「Samsung Edition」

デスクトップPC向けサムスン純正モジュール採用288Pin DDR4-2666 32GB(16GBx2枚組)デュアルチャンネルキット

6.ストレージはm.2SSDとSSDとHDD

SSDの速さを知るとHDDは使えなくなります。m.2SSDというさらに早いSSDが出ました。今回はOSとソフトのプログラム起動用にm.2SSD 普段使用する作業データをSSDとしました。

最近ブログやyoutubeを始めました。画像と動画のストレージが大量に必要なので、HDDを利用することにしています。SSDは2年前に買って放置していた256GBを利用します。HDDもノートパソコンのHDDをSSDに換装したとき、放置していたOS入りのHDDがあるのでそれをデータストレージ用にフォーマットしてつけることにしました。HDDは画像データと動画データがいっぱいになったら買い換えます。

M.2SSDは発熱がすごいという記事を読みました。マザーボードにm.2スロットがあり、貼り付け型のヒートシンクも考えましたが、より冷却性のがあるPCIeカード変換タイプとして、別個にヒートシンクを冷やすファンもつけました。

アイネックス ヒートシンク搭載 M.2 SSD変換PCIeカード AIF-08

amazon

7.簡易水冷CPUクーラー Cooler Master MasterLiquid Lite 120

今回はさっさん部ログを参考に簡易水冷のシングルファンを導入してみました。

ここで取り付け時、失敗しています。

銅製のヒートシンクには保護シールが貼ってあります。保護シールなのでCPUに取り付ける直前までシールが貼ってあるのはわかっていても、はがさないものです。

ところが、簡易水冷クーラーのラジエターと銅製ヒートシンクをつなぐ循環ホースが思いのほか固く、さらに、CPUに取り付け直前にグリスを塗ることに意識が行ってしまい、保護シールをはがすのを忘れてしまいました。

気づいて後ではがしましたが、保護シールにベットリと熱伝導グリースがついてしまいました。ブログ後編に書きましたが、熱伝導グリースはわざわざ別売りの高性能品を買ったのに・・・

ちなみにこの簡易水冷CPUキットにグリースは付属しています。

関連記事

  1. 2018PC自作|Intel Core i7 8700K|GEFORCE GTX1070tiでレンダリングマシンを組みましたレンダリングPCの自作を検討している方の参考になれば幸いです。今回のPCは3DCGのレンダリングソフトを乗り換え、別のレンダリングソフト習得をテストするために組んでいます。これから乗り換えようとしているレンダリングソフトの要求性に沿ったPCを組むのが目標です。

    2018年8月PC自作(後編)|Intel Core i7 8700K…

  2. 絶対に空USBを使用して!Windows8.1→10へのUSBインスト…

片岡直樹| 建築家|一級建築士|設備設計一級建築士

片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所

代表 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を受賞しました。
  2. オフィスインテリアデザイン南青山
  3. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  4. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  5. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  6. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  7. マンションインテリアデザイン
  8. 賃貸マンション外壁改修デザイン文京区駒込での事例
  9. レストラン店舗デザインリフォームの事例南青山

おすすめ記事

  1. 頑丈な家
  2. 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。栃木県湯津上村(現・大田原市)にあります古市徹雄都市建築研究所・佐藤総合計画特定設計業務共同企業体による設計の栃木県那須郡那珂川町を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と一部の内部撮影をさせて頂きました。新建築 2001年9月号に発表された作品です。
  3. 壁の中で出火『伝導過熱』防止策 築地火災から考える 内装制限と、コンロと壁の距離
  4. 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県寒河江市にあります内藤廣先生による設計の最上川ふるさと総合公園センターハウスを見学してきました。
  5. 火災と外断熱  2017年6月グレンフェル・タワーのロンドン火災 2015年2月ドバイの超高層住宅ザ・トーチ 2010年11月上海高層住宅 2009年2月中国北京テレビ文化センターTCVV 外断熱仕様の中高層ビルでの外壁材火災事例 外断熱設計は、雨仕舞設計・断熱設計・防火設計など高度な設計技術が必要な仕様です。日本での起こる可能性について考えてみました。
PAGE TOP