コルテ松波|千葉県の有名建築|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。

千葉県千葉市中央区松波にあります集合住宅 コルテ松波です。

外観のみの撮影です。

設計は、篠原聡子先生です。

篠原聡子先生がArchitects magazineのなかで、コルテ松波が、現在 日本女子大学学長である自身の設計の原点であると言っておられましたのを読み、見学してきました。

住宅特集に1994年8月号に発表され、リノベーションされたのち、2011年グッドデザイン賞を受賞しています。

篠原聡子先生は、『2014年日本建築学会作品賞 SHARE yaraicho』へとつながる、さまざまな計画で集合住宅のありかたを研究・実践されている先生です。

大変勉強になります。

コルテ松波

当初のデザインでは、外壁の塗装色が紺色と黄色、白、グレーという片岡の好きな取り合わせで大変印象深いデザインでした。

リノベのとき、現在の色に塗装されなおしています。

左隣に建っている集合住宅は、同設計のRIGATO Fです。

社宅と賃貸住宅の篠原聡子先生の設計アプローチの違いを、実作で隣り合わせで比較出来てたのしいです。

勉強になります。

コルテ松波(リノベーション)

竣工から15年後に、社員寮として使われていたワンルームマンションを一般賃貸にするにあたって改修されています。

コルテ松波(リノベーション)

ファサードに設けられた住戸の手摺は、プランターが設置できるようになっています。

目隠しをしつつ生活の溢れ出した表情を作り出す演出だそうです。

コルテ松波(リノベーション)

4階で横桟手摺のみの廊下手摺事例はとても少ないと思います。集合住宅で現行法では、確認申請時指摘を受ける可能性があると思います。

どのような感じなのか登って確かめてみたいですが、私有地ですので、それはできません。

コルテ松波(リノベーション)

新建築 1998年10月号に発表されたRIGATO Fのなかで篠原聡子先生は、

コルテ松波の場合、最初からある会社の社員寮として使用されることが決定していたので、防犯やプライバシーについてわりに楽観的に考えていた。

と書かれています。

不特定多数の賃貸住宅とは性格が異なり、社員寮として積極的に居住者同士のコミュニケーションを図ろうと促す装置として、対面配置として、中庭には、街路を引き込む効果をえられる計画とされています。

賃貸集合住宅と社員寮の違いのとらえ方として、大変勉強になります。

コルテ松波(リノベーション)

4階 渡り廊下部分に布団が干されています。

バルコニー物干しスペースが無いのでこのような活用がされています。

1階の3部屋をポストルーム、ランドリールーム、なべルームというコモンスペースにして、住人の集える場所として改修しています。

中庭を白い壁で囲い、大きなリビングのように見立てることで、共用部全体が居場所となるように意図されています。

片岡直樹| 建築家|一級建築士|設備設計一級建築士

株式会社片岡直樹一級建築士事務所

代表取締役 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. コンクリート打放しデザイナーズマンション|新宿区市ヶ谷|コントゥール市ヶ谷歌坂
  2. マンション内外装リノベーション工事事例です。|足立区綾瀬
  3. デザイナーズマンション グッドデザイン賞
  4. すがも歯科|歯科クリニック内装工事事例です。
  5. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  6. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  7. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  8. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  9. マンションインテリアデザイン

おすすめ記事

  1. 群馬県農業技術センター|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪
  2. La・La・Grande GINZA|東京都の有名建築|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪
  3. 2023年3月17日・金曜日から6月4日・日曜日まで、東京シティビュー・六本木ヒルズ森タワー52階で開かれている ヘザウィック・スタジオ展|共感する建築をみてきました。
  4. 富士湧水の里水族館(ふじゆうすいのさとすいぞくかん)
  5. ルネ・ラリックはアール・ヌーヴォー、アール・デコの両時代にわたって活躍したフランスのガラス工芸家です。 ラリック作品オーナーのためのコレクション展示ルームの計画案です。 アール・デコ様式で黒いレザーの棚にラリック自体を光らせるインテリアデザインとしています。
PAGE TOP