一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション募集内覧できる前のプロモーション宣伝準備をできるだけ早く行う方法.仲介不動産会社さんが内覧の際、お客様に『この物件にしましょう』と言える物件の魅力が弊社設計のデザイナーズマンションの競争力です。

一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

入居希望のお客様に雑誌・チラシ・インターネットなど、いずれでも内覧希望に進んで頂くためには、建物写真が大きな決め手になります。弊社では、工事中のできるだけ早い段階で入居者募集用建物写真を撮ることができます。

通常の不動産仲介による客付けでは、工事中は写真を載せることできません。工事中は文字だけの情報発信期間なので、なかなかアピールすることができません。各不動産仲介会社ホームページに情報をアップして頂きたくても通常不可能です。

残念なことに、前述した仲介不動産会社さんの検索サイトなどでは、設計段階のオーナー様の思いや工夫などは写真がないので建物が完成して竣工するまでは十分に伝えることができないシステムです。

通常の撮影から入居者募集の流れ

一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション募集内覧できる前のプロモーション宣伝準備をできるだけ早く行う方法.仲介不動産会社さんが内覧の際、お客様に『この物件にしましょう』と言える物件の魅力が弊社設計のデザイナーズマンションの競争力です。

弊社事務所による撮影から入居者募集根への流れ

一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション募集内覧できる前のプロモーション宣伝準備をできるだけ早く行う方法.仲介不動産会社さんが内覧の際、お客様に『この物件にしましょう』と言える物件の魅力が弊社設計のデザイナーズマンションの競争力です。

内覧できる前のプロモーション宣伝準備をできるだけ早く行う方法

一棟借り上げや家賃保証システムでなく、専任募集不動産仲介会社による入居者募集の事例です。撮影して仲介不動産会社さんのホームページに写真がアップされるまで通常2週間は必要です。

オーナー様は『一部屋だけでもモデルルームとして先に工事を完成させてくれないか。』と希望されます。

新築工事手順では、ユニットバス屋さん・システムキッチン屋さん・ボード下地屋さん・クロス屋さんなど工種別の分担方式で工事が行われているので、一部屋だけ先行して完成させることは、その一部屋だけのために各業者さんを一回一回呼んで現場で作業してもらうことになりますので現実的ではありません。

先行したモデルルームが可能な場合は、部屋数が多く、階が多層である場合です。その場合1階または2階の一部屋を先行して内覧できるようにすることができます。これがおおよそ30住戸以下の規模の賃貸マンション アパートでは先行したモデルルームが不可能な理由です。

 
一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション募集内覧できる前のプロモーション宣伝準備をできるだけ早く行う方法.仲介不動産会社さんが内覧の際、お客様に『この物件にしましょう』と言える物件の魅力が弊社設計のデザイナーズマンションの競争力です。進捗率
 

オーナー様がイメージする工事の進捗率と実際の工事進捗率の違い

新築賃貸マンションでは、躯体工事が終わりサッシ取り付け後 設備 内装下地工事と順次進みますが、工事は一定の出来高で完成に近づくわけではなく、躯体工事が終わって内装工事に着手できた段階から一気に出来高がアップします。竣工に近づくにつれて職人さんの出入りが多くなります。

部屋の中は竣工間際は職人さんでごった返しているのが常です。そのような中でカメラマンさんを予定通り手配してスケジュールを組んで例えば一部屋だけでも一時的に工具や建材を片づけて、削りカスやガラスの汚れを清掃して完成写真に近い形で写真を撮影する下準備をすることは工期の遅れにつながるためできません。

ふつうは、一日でも早く内覧をできるように、仲介不動産会社さんに物件の魅力を知ってもらい、お客様に真っ先に紹介してもらえるように工事を進めていくほかありません。

工事中の入居者募集用写真の撮影が可能なのは設計監理者がカメラマンだからです。

不動産会社の方やプロカメラマンによる撮影の場合は、工事を途中でストップして撮影できるほど工期に余裕があるか、工事の合間を縫って撮影のタイミングを計るために現場に何日もプロカメラマンを拘束されなければできませんので事実上不可能です。

設計監理者であれば、その日の非常に細かいタイミングを現場常駐管理者と随時情報を交換しながら身近で調整できます。

そうして弊社事務所で撮ったのがこの写真です。プロカメラマンには劣りますが、一応シフトレンズを使用して水平垂直な写真としてフォトショップでつなぎ合わせています。こちらの写真は竣工の約2か月前に撮影しています。竣工写真の建築写真家との比較をご覧ください。

工事中に設計者が撮影した入居募集写真外観|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

工事期間中の入居者募集写真 外観

外構が出来ていないので、樋カバーや樹木などがありません。シフトレンズ+APS-CカメラでJPEG撮影し、フォトショップ合成をしています。設定が甘くraw現像でなかったので補正ができていません。

建築写真家による工事完成後の竣工写真外観写真|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

建築写真家による竣工写真 外観

建築写真家による撮影です。プロにお金を支払って依頼する価値がよくわかる仕上がりの差があります。

工事中に設計者が撮影した入居募集写真エントランス|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

工事期間中の入居者募集写真 エントランス

工事中の風景になっています。

建築写真家による工事完成後の竣工写真エントランス|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

建築写真家による竣工写真 エントランス

工事中に設計者が撮影した入居募集写真リビング|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

工事期間中の入居者募集写真 リビング

建築写真家による工事完成後の竣工写真2LDKリビング|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

建築写真家による竣工写真 リビング

工事中に設計者が撮影した入居募集写真2LDKリビング|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

工事期間中の入居者募集写真 ダイニング

建築写真家による工事完成後の竣工写真2LDKリビング|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

建築写真家による竣工写真 ダイニング

工事中に設計者が撮影した入居募集写真1K洋室|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

工事期間中の入居者募集写真 1K洋室

建築写真家による工事完成後の竣工写真1Kリビング|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

建築写真家による竣工写真 1K洋室

竣工後に弊社事務所撮影の工事中の写真から建築写真家に依頼して撮影したものに、仲介不動産会社に送付して差し替えられる写真は差し替えます。特に外観写真では、外構が一番最後に施工されるので完成するまでは写真が撮れません。

下記の写真は、弊社事務所で撮影した入居者募集用各部屋タイプ別の写真一例です。工事中ですので、まだ機器据え付けだけであったりユニットを置いただけの状態でテストが済んでいない状態であったり工事中のいろいろな段階で職人さんの作業が空いた部屋でできる範囲で片付けながら撮影しています。

建築写真家さんには建築作品として撮影依頼しています。入居者募集用写真をセンスのある良い写真を撮る建築写真家に依頼するのは気が引けます。また、賃貸マンションの入居者募集用写真としては、各部屋タイプごとの玄関・キッチン・浴室・洗面・洗濯機スペース・洋室などすべての部屋の情報が必要です。建築写真家の拘束時間を無駄に長くすることになるので、もし建築写真家にこのような写真の依頼をするとなると2,3倍の料金がかかります。

工事中に設計者が撮影した入居募集写真住戸玄関|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

住戸 玄関 工事期間中撮影

工事中に設計者が撮影した入居募集写真1Kキッチン|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

1K キッチン 工事期間中撮影

工事中に設計者が撮影した入居募集写真住戸トイレ|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

トイレ 工事期間中撮影

工事中に設計者が撮影した入居募集写真洗面台|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

洗面スペース 工事期間中撮影

工事中に設計者が撮影した入居募集写真浴室|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

ユニットバス 工事期間中撮影

工事中に設計者が撮影した入居募集写真洗濯機スペース|一日でも早く満室にするための新築賃貸マンション入居者募集方法

洗濯機スペース 工事期間中撮影

仲介不動産会社さんとしては、オーナー様の物件に必ず決めてもらう必要はなく、周辺にあるいくつかの物件から一つを選んでもらえればいいのです。しかし、オーナー様と同じで設計者としては、ぜひ私の設計した物件を選んでほしいのです。そのために数ある物件の中からお客様に『ぜひ、ここに住みたい』と思ってもらえるように、その魅力を伝えることを設計者としてサポートさせていただきます。

仲介不動産会社さんのホームページでは、かなりラフな間取り図と数枚の写真しか掲載できないので、オーナー様が伝えたい魅力は、やはり直接発信しなければならないと思います。オリジナルホームページでは、主な仕様や間取りタイプ別のアピールポイントをたくさんの写真ととともに掲載して、物件周辺の公共施設や公園・医療機関・銀行・郵便局・スーパー・フィットネスクラブなどおすすめの暮らしガイドを紹介するコンテンツが作成されています。都会では、転勤などの理由でこの街に引っ越しされる方が多いので、街をご存じでない方々に周辺情報を発信することは大切です。転勤の方は特定の駅でなく勤務先に通う沿線のいくつかの駅の中から物件を選んでいくので、物件情報だけでなく周辺環境もアピールすることは必須です。

オリジナルホームページに掲載する写真(弊社撮影+建築写真家)と図面・設計段階での3DCGパースは、弊社事務所で用意して仲介不動産会社のホームページ制作会社にデータを渡して構成していただけます。

オーナー様が仲介不動産会社に依頼して作成したオリジナルホームぺージの事例

是非、賃貸マンションの計画をご相談ください。

TEL:03-3943-4556

FAX:03-3969-0194

mail:info@naokikataoka.com

学校の講義や現場打合せ等で,応答できない場合がございます。ぜひ留守番電話にご用件を頂けないでしょうか。折り返しこちらからお電話させていただきます。

関連記事

  1. 金属工事エントランス袖壁SUS折板取付編|290枚の写真で見る大規模修繕10

    金属工事エントランス袖壁SUS折板取付編|290枚の写真で見る大規模修…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

片岡直樹

片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所

代表 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. オフィスインテリアデザイン南青山
  2. デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を受賞しました。
  3. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  4. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  5. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  6. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  7. マンションインテリアデザイン
  8. 賃貸マンション外壁改修デザイン文京区駒込での事例
  9. レストラン店舗デザインリフォームの事例南青山

おすすめ記事

  1. 壁の中で出火『伝導過熱』防止策 築地火災から考える 内装制限と、コンロと壁の距離
  2. 火災と外断熱  2017年6月グレンフェル・タワーのロンドン火災 2015年2月ドバイの超高層住宅ザ・トーチ 2010年11月上海高層住宅 2009年2月中国北京テレビ文化センターTCVV 外断熱仕様の中高層ビルでの外壁材火災事例 外断熱設計は、雨仕舞設計・断熱設計・防火設計など高度な設計技術が必要な仕様です。日本での起こる可能性について考えてみました。
  3. KJ2016年12月号片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所1page
  4. 片岡直樹の建もの探訪|清瀬けやきホール
  5. 頑丈な家
PAGE TOP