片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)

ユートリア(すみだ生涯学習センター)|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。

墨田区にあります長谷川逸子先生設計のユートリア(すみだ生涯学習センター)を見学してきました。学生時代 湘南台文化センターを見学したことがあります。回遊性やにぎわいが感じられる建築で、デザインや造形の美を追求するような建築とは異なる価値観で建築美学を踏襲したなかで楽しげな建築を設計で実現できることを体感して感動しました。その湘南台文化センターを思わせる建築だと思いました。内観は職員の方の許可を頂き撮影させていただきました。新建築1995年1月号に発表された作品です。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)エントランス

プラザ

明治通りから入る正面入口です。湘南台文化センターのようなワクワクするエントランスです。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)プラザの見下げ

プラザのブリッジ

4階 3階 2階とブリッジが行き交う密集度がすごいです。そもそも、機能性や合理性としては、2棟に建物を分断していますが、それほど大きな規模でもないので、こんなにブリッジの数が必要なのかといえば違うと思います。しかし、回遊性やにぎわい、散策する楽しさを演出する上で重要な要素だと思います。このブリッジ自体がこの建築のデザインや思想の上でとても重要な要素なのだと思いました。勉強になります。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)3階 視聴覚室

A棟 3階 研修室

2面の床から天井までのフルハイトカーテンウォールから別棟とブリッジが眺められます。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)

B棟 4階 屋外緊急避難用通路とパンチングメタルスクリーン

パンチングメタルの円弧のスクリーンの断面ディテールが見えてかっこいいです。A棟の単純な矩形の上に三角パネルのパンチングメタルのスクリーンを斜めにかけて外形を複雑にしています。勉強になります。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)3階B棟廊下

B棟 3階 廊下

ガラスカーテンウォールの外部にグレーチングのキャットウォークがあります。ガラス天井には日除けのスクリーンがついています。透明にしようとしてガラスにしているのにスクリーンをつけたり、華奢なディテールに見えるようにガラスを用いているのに床面が見通せなくなるグレーチングのキャットウォークをつけたり、目的と反対のことを同時に設計するその思考が、自分ではなかなか価値判断にとまどいできないと思います。勉強になります。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)3階 A棟 廊下エレベーターホール

B棟のカフェレストラン屋上防水

1階カフェレストランのサッシは多角形で円弧が構成されているのが見えます。屋根面が上階のプランと異なるため一部に防水が必要な屋根面が見えます。一見無秩序で破綻しそうなプランに見えますが、それがにぎわいを生んでいるのだと感じます。
カフェレストランの屋根部防水面は鉄筋コンクリート造で塗布防水としているようです。鉄骨造ですとこういう部分はディテールが難しくなると思いますが、鉄筋コンクリート造のスラブ面とする事で防水性能に関して保守的なディテールになっていると思いました。アクロバティックに攻めるディテールと守るディテールの区別がとても勉強になります。

5階プラネタリウムドームとEVホール部の廊下にレベル差があり屋上を支える鉄骨柱と立ち上がり部から錆と漏水が発生してボードが膨れてグズグズの箇所がありました。しかし、これだけバラエティーの富んだディテールと複雑なプラン構成でこの部分以外が一見した限りで目につく不具合は見当たりませんでした。長谷川逸子先生のアクロバティックに見せながらディテールを守ろうとする考えか、または、メンテナンス管理が成功しているのではと思いました。

見学できない場所がいくつかありました。維持管理改修工事が見学時も行われていてメンテナンスが行き届いているのかもしれません。

 

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)A棟3階エレベータホールから視聴覚ホールの眺め

B棟 階段室

金属の表現が多い中でブルーのオブジェが映えるように思いました。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)3階 B棟 視聴覚室からA棟の眺め

A棟のガラスカーテンウォール外壁

左手にA棟 B棟を3層にわたるブリッジ。右手にA棟とB棟をつなぐスクリーンと屋外階段 ブリッジが見えます。建物内をぐるぐる回れる回遊性があるのがわかりにぎわいや建物内を探索できるワクワク感が演出されていると思います。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)3階 B棟 視聴覚室

B棟 3階 視聴覚室からA棟外壁

どこから中庭のプラザを見ても1階の床面が見えないくらい渡り廊下ブリッジが密集しています。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)視聴覚室からブリッジの眺め

A棟とB棟を覆うスクリーンとブリッジと屋外階段

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)屋外階段

A棟と屋外階段

屋外階段も含めてそれぞれの階段のデザインが全て異なっているようです。それだけでなく、屋外階段の形状が最上部と基準階部で変えてあります。ふつうそのまま通すと思いますがこういう部分もバラエティーに富んだにぎわいを感じるデザインの一部なのかもしれません。すごい労力を必要とする設計だと思います。なかなかマネのできることではないように思います。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)2階 A棟 創作活動室

A棟 2階 創作活動室

パンチングメタルのスクリーン越しに電車が通るのが見えます。遮音を考え電車の通る外壁側を躯体で少しでも遮音をしようと考えると思いますが、パンチングメタルのスクリーンとして電車の通る面に対してサッシで景色がパンチングメタル越しに透けて見える開放性を得ています。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)2階からプラザを見る

階段が登れないようにチェーンがされていました。公園のように自由に散策というわけにはいかないのでしょうか。回遊動線になる棟を渡る外部鉄骨廊下と屋外バルコニー部は施錠されていて避難時以外は利用できないようになっていました。建物自体は1つの役所が管理しているように見受けられますが、実際は各課それぞれに管理が振り分けられていて、階や部屋ごとに管理者が違うのかもしれません。そのことを推察させるのは、いろいろなフロアに事務局があったからです。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)2階から鉄道側スクリーン 金色東武鉄道スペーシア

金色の東武鉄道の特急スペーシアが通過していきます。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)B棟1階エントランスホール

B棟 1階 エントランスホール

2方向の前面道路へ向けてガラスカーテンウォールが構成され視線をコントロールするパンチングメタルのスクリーンがはずされています。下町の景色が見えて、広がりが感じられるエントランスホールの構成が勉強になります。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)ブリッジ

ブリッジ

プラザの水盤に水はありませんでした。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)B棟 4階 ドームロビーガラスカーテンウォール

B棟 4階 ドーム ガラスカーテンウォール

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)4階 B棟 ドームロビー

B棟 4階 ドーム ロビー

青いオブジェとプラネタリウムの外形パネルがホールで見えて、この眺めがパンチングメタルとガラスのディテールの溢れた空間体験の中で、小休止的に感じました。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)ドーム

ドーム

プラネタリウムの内部を見学させていただきました。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)前面道路から

前面道路からの建物全体を覆うパンチングメタルスクリーン

パンチメタルのスクリーンがA棟とB棟を包むように覆われています。前面道路幅員はとても狭く近隣には古い木造住宅が密集しています。古い木造住宅の町並みの中に突如として現れる現代建築です。線路の騒音が聞こえます。周辺の街並みに対して通り抜けのできる2つの間口があります。1つの間口は近隣の住宅の高さにマッチしています。明治通りにつながる写真の正面の大開口は道路突き当たりを受ける形で大きな開口となっています。

 

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)A棟 4階 面談室

A棟 4階 面談室

トップライトと屋根と壁面がサッシになった採光の組合せで非常に明るいです。ロールスクリーンが天井面にあり採光のコントロールができるようになっているようでした。

片岡直樹の建もの探訪|ユートリア(すみだ生涯学習センター)面談室

4階 A棟 プレイルーム

関連記事

  1. 森の教会アルカーサル迎賓館 高崎|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪 外観

    森の教会/アルカーサル迎賓館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪…

  2. 屋上広場 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。 今回は神奈川県横須賀市にあります。横須賀美術館を見学してきました。

    横須賀美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  3. 外観|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

    太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  4. 外観|住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県村山市にあります高宮眞介先生による設計の最上川美術館・真下慶治記念館(旧真下慶治記念美術館)を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と美術品を映さない内部撮影をさせて頂きました。新建築 2006年3月号に発表された作品です。

    最上川美術館・真下慶治記念館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪…

  5. すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

    すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  6. 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。栃木県芳賀郡益子町にあります原田真宏先生原田麻魚先生による設計の道の駅ましこを見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と内部撮影をさせて頂きました。栃木県芳賀郡益子町に発表された作品です。2017年度JIA日本建築大賞を受賞されています。

    道の駅ましこ|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  7. 外観宿泊棟 フォレスト益子|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

    フォレスト益子|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  8. 前川国男邸|南庭川外観|江戸東京建物園

    前川國男邸|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

片岡直樹| 建築家|一級建築士|設備設計一級建築士

片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所

代表 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を受賞しました。
  2. 歯科医院デザインデン|タルクリニックデザイン
  3. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  4. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  5. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  6. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  7. マンションインテリアデザイン
  8. 賃貸マンション外壁改修デザイン文京区駒込での事例
  9. レストラン店舗デザインリフォームの事例南青山

おすすめ記事

  1. 予想CGパース賃貸マンションと貸店舗 貸事務所の内外装大規模改修工事 1棟フルリノベーションの設計中です。 お施主様にご依頼いただいてからだいたい6か月経過しています。デザインや間取りなど打合せを行わせていただいております。外観デザインの打合せ3DCGパースです。2回ほどコストダウンを考慮既製品を流用したデザインとするなどの大きなデザイン変更がありました。今回の打合せでさらに大きな方針変更があり今回のイメージCGパースとは大きくイメージを変えるデザイン方針でお施主様より合意いただいたデザイン方針が定まりました。設計に反映する作業をしております。 賃貸マンションの空室対策でフルリノベーションをお考えのマンションオーナー様のご参考になれば幸いです。
  2. すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪
  3. マンション・アパート経営にかかわる不動産業務のイメージ
PAGE TOP