富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館|群馬県の有名建築|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

車寄せ|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所 

住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。

群馬県富岡市にある美術館です。ヴォールト屋根の連続とコンクリート打放し杉小幅板本実型枠が美しいです。

設計は柳澤孝彦先生+TAK建築・都市計画研究所です。新建築1995年11月号に発表されました。

30年近く前の建築ですが、その美しさはまったく色あせていません。

今見ても、誰も真似をしてたどりつけないほどに高貴です。

陳腐化されていない先見性のあるデザインに感動します。

車寄せ市民ギャラリー外壁|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

車寄せ 市民ギャラリーの外壁

コンクリート打放し 杉小幅板本実型枠 撥水性表面処理剤の外壁

杉小幅板本実型枠、自分も挑んでみたい仕上です。

出目地にしびれます。素晴らしいです。

プロムナード|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

プロムナード

この建物全体のパースペクティブな空間構成は、画家 福沢一郎の先見性に通じるイメージのようです。

プロムナード|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

プロムナード横の中庭

ヴォールト屋根は鉛メッキ鋼板t0.4

プロムナード|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

プロムナード

床 壁 天井 すべての目地がビシビシに割り付けられています。

自分もこんな素晴らしい割付をしてみたいです。

プロムナード|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

プロムナード 車寄せへの見返し

低いヴォールト屋根から高いヴォールト屋根へと変化します。

天井もホワイトコンクリート打放し 杉小幅板本実型枠

ホワイトコンクリート打放しとは、白色ポルトランドセメントからなるコンクリートを構造体として使用するものをいいます。

セメント色が特注なので、昨今のコンクリート打放し仕上のような、安易なコンクリート打放し全面補修などはできないのではないでしょうか。

それともセメント色を合わせるだけで全面補修をすることになるのでしょうか。

写真右側の壁は、ライムストーン水磨きt40 乾式工法 断熱用捨型枠下地

1Fエントランスホール|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

1階 エントランスホール

細長く高いヴォールト天井の連続のなかで、1階エントランスホールと2階ロビーが、連続した構成となっています。

高く細長いヴォールト天井 ライムストーンの壁 ホワイトコンクリート打放し 杉小幅板本実型枠の構成が素晴らしいです。

床仕上げはライムストーン水磨き

床と壁がライムストーン 壁がホワイトコンクリートと、コントラストの薄い美しい取り合わせが勉強になります。

1Fエントランスホール階段|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

1階エントランスホールから2階ロビーへとつながる階段のディテール

1Fエントランスホール|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

1階 エントランスホール見返し

2Fロビー|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

2階ロビーからエントランスホールへの見下ろし

2Fロビー|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

2階ロビーから中庭への眺め

2Fロビー|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所                             

2階ロビー

舞台のように一段上がった構成です。

2Fロビー|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

2階ロビーから中庭へと連続するコンクリート打放し壁面とサッシのディテール

2Fロビー廊下|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所                             

2階ロビーから展示室廊下への眺め

2F福沢展示室|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

2階 福沢展示室

ヴォールト天井の頂部からトップライトの光が入ります。

2F福沢展示室|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

2階 福沢展示室 ヴォールト屋根天井にはトップライトから光がふりそそぎます。

床フローリングはナラt15 耐水合板t12コンクリート直押え下地

2F回廊|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

2階 中庭の回廊

柳澤孝彦先生の新建築の解説文には、丘陵の奥へと奥行を深めていく展開。『わけ入っても、わけ入っても青い山』とあります。

2F中庭|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

2階 中庭

素晴らしいシークエンスです。

2F回廊福沢展示室|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

2階 回廊外部からの福沢展示室の入口

1FエントランスホールWC|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所

1階 エントランスホール WC前のディテール

ルーバーの見込側の折り返しがキッチリされています。ライムストーン本磨きの壁との取り合いが見えます。

トイレ|富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 柳沢孝彦+TAK建築・都市計画研究所                             

トイレ

トイレブースの壁が大理石です。

タイルの割付ブースとの取り合い割付全てがトイレの中まできっちり整えられています。一部ブースと衛生陶器は交換されているように思いました。

富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館

所在地: 〒370-2344 群馬県富岡市黒川351−1

電話: 0274-62-6200

片岡直樹| 建築家|一級建築士|設備設計一級建築士

株式会社片岡直樹一級建築士事務所

代表取締役 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. コンクリート打放しデザイナーズマンション|新宿区市ヶ谷|コントゥール市ヶ谷歌坂
  2. マンション内外装リノベーション工事事例です。|足立区綾瀬
  3. デザイナーズマンション グッドデザイン賞
  4. すがも歯科|歯科クリニック内装工事事例です。
  5. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  6. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  7. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  8. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  9. マンションインテリアデザイン

おすすめ記事

  1. デザイナーズ|賃貸マンション|賃貸マンション フルリノベーション事例 1階中廊下
  2. 芝浦工業大学大宮キャンパス2号館|埼玉県の有名建築|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪
  3. エントランスとエクステンションギャラリーのガラスカーテンウォール外観
  4. 外観 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県米沢市にあります山下設計さんによる設計の市立米沢図書館・なせBA・米沢市民ギャラリーを見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と一部の内部撮影をさせて頂きました。新建築 2017年3月号に発表された作品です。
PAGE TOP