奄美の高倉(あまみのたかくら)|江戸東京たてもの園 江戸時代末期頃 奄美大島にあった高床式の倉庫です。湿気や鼠の害から穀物を守るために、建物本体を地面から高く上げています。 このような高床式の建物は、東京都の八丈島などにも見られます。

江戸東京たてもの園|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。

既視感

初めて見る建物ばかりなのに、日本人が思い浮かべる初源的な建物でどれも見たことがあるように感じられます。心象風景を見ているようで、再認識させられ勉強になりました。

奄美の高倉(あまみのたかくら)|江戸東京たてもの園

奄美大島にあった高床式の倉庫とのことです。初源的なフォルムに力強さを感じました。

吉野家(農家)(よしのけ)|江戸東京たてもの園 江戸時代後期 三鷹市野崎二丁目 江戸時代後期に建てられた民家です。吉野家は江戸時代に野崎村(現在の三鷹市野崎)の名主役を務めた家といわれ、式台付きの玄関や付け書院のある奥座敷に格式を見ることができます。

吉野家(農家)(よしのけ)|江戸東京たてもの園

江戸時代後期に建てられた民家です。三鷹市野崎二丁目にあった建物を移築したようです。

吉野家は江戸時代の名主役を務めた家といわれ、格式の高い家のようです。

式台付きの玄関が特徴があると思いました。

綱島家(農家)(つなしまけ)|江戸東京たてもの園 江戸時代中期 世田谷区岡本三丁目 多摩川をのぞむ台地上にあり、広間型の間取りを持つ茅葺きの民家です。広間をかこむ長方形断面の大黒柱や、押し板という古い形式の板などから、建物の歴史が感じられます。

吉野家(農家)(よしのけ)|江戸東京たてもの園

綱島家(農家)(つなしまけ)は、江戸時代中期 世田谷区岡本三丁目に建てられた民家だそうです。茅葺と真壁造りで大広間のある民家です。

八王子千人同心組頭の家(はちおうじせんにんどうしんくみがしらのいえ)|江戸東京たてもの園 江戸時代後期 八王子市追分町 八王子千人同心は、江戸時代、八王子に配備された徳川家の家臣団です。 拝領屋敷地の組頭の家は、周辺の農家と比べると広くありませんが、 式台付きの玄関などは、格式の高さを示しています。

八王子千人同心組頭の家(はちおうじせんにんどうしんくみがしらのいえ)|江戸東京たてもの園

八王子千人同心組頭の家(はちおうじせんにんどうしんくみがしらのいえ)|江戸東京たてもの園

江戸時代後期に八王子市追分町に建てられていたようです。

八王子千人同心は、江戸時代、八王子に配備された徳川家の家臣団とのことです。 式台付きの玄関になっていました。

三井八郎右衞門邸(みついはちろうえもんてい)|江戸東京たてもの園 主屋:1952年(昭和27)土蔵:1874年(明治7) 港区西麻布三丁目 港区西麻布に1952年(昭和27)に建てられた邸宅です。 客間と食堂部分は、1897年(明治30)頃京都に建てられ、戦後港区に移築されたものです。また、蔵は1874年(明治7)の建築当初の土蔵に復元しました。

三井八郎右衞門邸(みついはちろうえもんてい)|江戸東京たてもの園

主屋:1952年(昭和27)土蔵:1874年(明治7)港区西麻布三丁目に建てられていた邸宅のようです。

玄関のプランニングが現代のいわゆる和風注文住宅の王道のような雰囲気があります。このような建物を参照して現代の和風注文住宅があるのだと思いました。

三井八郎右衞門邸(みついはちろうえもんてい)|江戸東京たてもの園 主屋:1952年(昭和27)土蔵:1874年(明治7) 港区西麻布三丁目 港区西麻布に1952年(昭和27)に建てられた邸宅です。 客間と食堂部分は、1897年(明治30)頃京都に建てられ、戦後港区に移築されたものです。また、蔵は1874年(明治7)の建築当初の土蔵に復元しました。

三井八郎右衞門邸|南庭からの眺め

南に縁側越しの日本庭園が望める造りは、日本人の理想の豪邸で、これが現代の注文住宅で全国に普及しているステレオタイプの原型なのではと感じました。

旧自証院霊屋(きゅうじしょういんおたまや)|江戸東京たてもの園 1652年(慶安5) 新宿区市ヶ谷富久町 尾張藩主徳川光友の正室千代姫が、その母お振の方(三代将軍徳川家光の側室)を供養するために建立(こんりゅう)した霊屋です。 この建物は東京都の文化財指定を受けています。

旧自証院霊屋(きゅうじしょういんおたまや)|江戸東京たてもの園

1652年(慶安5)新宿区市ヶ谷富久町に尾張藩主徳川光友の正室千代姫が、その母お振の方(三代将軍徳川家光の側室)を供養するために建立(こんりゅう)した霊屋だそうです。

高橋是清邸(たかはしこれきよてい)|江戸東京たてもの園 1902年(明治35) 港区赤坂七丁目 明治から昭和のはじめにかけて日本の政治を担った高橋是清の住まいの主屋部分です。 総栂普請(そうつがぶしん)で、洋間の床は寄木張りになっています。2階は是清の書斎や寝室として使われ、1936年(昭和11)の2・26事件の現場になりました。

高橋是清邸(たかはしこれきよてい)|江戸東京たてもの園

1902年(明治35)港区赤坂七丁目に建てられていたとのことです。

1936年(昭和11)の2・26事件の現場になったそうです。

村上精華堂(むらかみせいかどう)|江戸東京たてもの園 1928年(昭和3) 台東区池之端二丁目 台東区池之端の不忍通りに面して建っていた小間物屋(化粧品屋)です。 昭和前期には、化粧用のクリーム・椿油や香水等を作って、卸売りや小売りを行っていました。正面は人造石洗い出しで、イオニア式の柱を持ち、当時としてはとてもモダンな造りとなっています。

村上精華堂(むらかみせいかどう)|江戸東京たてもの園

1928年(昭和3)台東区池之端二丁目の不忍通りに面して建っていた小間物屋(化粧品屋)だそうです。
正面は人造石洗い出し仕上げが当時あったものなのだとわかりました。イオニア式の柱の飾りでしょうか昭和初期モダンの感じがします。木造で湿式仕上げで地震時層間変位によるひび割れとかどうしていたのでしょうか。復元した建物だからだと思いますがきれいでした。

鍵屋(居酒屋)(かぎや)|江戸東京たてもの園 1856年(安政3) 台東区下谷二丁目 台東区下谷の言問通りにあった居酒屋です。 震災・戦災をまぬがれた鍵屋は、1856年(安政3)に建てられたと伝えられています。 建物と店内は1970年(昭和45)頃の姿に復元しています。

鍵屋(居酒屋)(かぎや)|江戸東京たてもの園

1856年(安政3)台東区下谷の言問通りにあった居酒屋だそうです。
震災・戦災をまぬがれた建物だそうです。

鍵屋(居酒屋)(かぎや)|江戸東京たてもの園 1856年(安政3) 台東区下谷二丁目 台東区下谷の言問通りにあった居酒屋です。 震災・戦災をまぬがれた鍵屋は、1856年(安政3)に建てられたと伝えられています。 建物と店内は1970年(昭和45)頃の姿に復元しています。

縦格子のファサード

現代の木製ルーバー建築の原点のような建物です。初源的な構成が勉強になります。

子宝湯(こだからゆ)|江戸東京たてもの園 1929年(昭和4) 足立区千住元町 東京の銭湯を代表する建物です。神社仏閣を思わせる大型の唐破風(からはふ)や、玄関上の七福神の彫刻、脱衣所の折上格天井など贅(ぜい)をつくした造りとなっています。

子宝湯(こだからゆ)|江戸東京たてもの園

1929年(昭和4)足立区千住元町に建てられていたようです。

東京の銭湯を代表する建物です。神社仏閣を思わせる大型の唐破風(からはふ)や塀を含めた全体の構成がこれぞ日本人が思い浮かべる銭湯なのではと思いました。

仕立屋(したてや)|江戸東京たてもの園 1879年(明治12) 文京区向丘一丁目 明治初期に現在の文京区向丘に建てられた〈出桁造り〉の町家です。 内部は大正期の仕立屋の仕事場を再現しています。

仕立屋(したてや)|江戸東京たてもの園

1879年(明治12)文京区向丘一丁目に建てられていた〈出桁造り〉の町家だそうです。

非常に整った木の縦格子が安定感を感じます。

仕立屋(したてや)|江戸東京たてもの園 1879年(明治12) 文京区向丘一丁目 明治初期に現在の文京区向丘に建てられた〈出桁造り〉の町家です。 内部は大正期の仕立屋の仕事場を再現しています。

建物と連続した木塀

木製ルーバーと木製塀とくぐり戸の構成が初源的な江戸の町屋の構成に感じられます。

小寺醤油店(こでらしょうゆてん)|江戸東京たてもの園 1933年(昭和8) 港区白金五丁目 大正期から、現在の港区白金で営業していた店です。味噌や醤油、酒類を売っていました。 庇の下の腕木とその上の桁が特徴の〈出桁造り(だしげたづくり)〉がこの建物のみどころです。

小寺醤油店(こでらしょうゆてん)|江戸東京たてもの園

1933年(昭和8)港区白金五丁目の建物のようです。 庇の下の腕木とその上の桁が特徴の〈出桁造り(だしげたづくり)〉が典型的で王道な商店の構成に感じます。

万徳旅館(まんとくりょかん)|江戸東京たてもの園 江戸時代末期~明治時代初期 青梅市西分町 青梅市西分町の青梅街道沿いにあった旅館です。建物は創建当初に近い姿に、室内は旅館として営業していた1950年(昭和25)ころの様子を復元しています。

万徳旅館(まんとくりょかん)|江戸東京たてもの園

江戸時代末期~明治時代初期に青梅市西分町の青梅街道沿いにあった旅館のようです。日本式旅館の原型として勉強になります。

川野商店(和傘問屋)(かわのしょうてん) 1926年(大正15) 江戸川区南小岩八丁目 傘づくりが盛んであった江戸川区小岩に建てられた和傘問屋の建物です。内部は1930年(昭和5)ころの和傘問屋の店先の様子を再現しています。

川野商店(和傘問屋)(かわのしょうてん)|江戸東京たてもの園

1926年(大正15)に傘づくりが盛んであった江戸川区小岩に建てられた和傘問屋のようです。こちらも出桁造り(だしげたづくり)で商店の構成として安定感を感じます。

大和屋本店(乾物屋)(やまとやほんてん) 1928年(昭和3) 港区白金台4丁目 港区白金台に1928年(昭和3)に建てられた木造3階建ての商店です。3階の軒下を伝統的な〈出桁造り〉にする一方、間口に対して背が非常に高く、看板建築のようなプロポーションを持ったユニークな建物です。戦前の乾物屋の様子を再現しています。

大和屋本店(乾物屋)(やまとやほんてん)|江戸東京たてもの園

港区白金台に1928年(昭和3)に建てられた木造3階建ての鰹節乾物商店です。3階の軒下を伝統的な〈出桁造り〉にする一方、間口に対して背が非常に高く、よく当時こんな3階建てが建てられたと感心しました。現在の基準ではみるからに壁量が不足していると思います。

大和屋本店(乾物屋)(やまとやほんてん) 1928年(昭和3) 港区白金台4丁目 港区白金台に1928年(昭和3)に建てられた木造3階建ての商店です。3階の軒下を伝統的な〈出桁造り〉にする一方、間口に対して背が非常に高く、看板建築のようなプロポーションを持ったユニークな建物です。戦前の乾物屋の様子を再現しています。

妻面がおもしろいです。

建物1階の角のXY両方向の隅の壁がなく窓になっています。地震が来たらすぐ倒れてしまうのではと推察されます。

道路側ファサード面が3層で高くされていますが、奥は2層で仕上げがファサードと妻面で極端に違うと感じました。

ファサードは社会的に要求された大事な面なのだと再認識しました。

2階と3階の接合部分の急激な変化が、地震にまったく対応していない造りに見えます。

武居三省堂(文具店)(たけいさんしょうどう) 1927年(昭和2) 千代田区神田須田町一丁目 明治初期に創業した文具店です。当初は書道用品の卸をしていましたが、後に小売店に変わりました。 建物は震災後に建てられた〈看板建築〉で前面がタイル貼りになっていて屋根の形にも特徴があります。 花市生花店(はないちせいかてん) 1927年(昭和2) 千代田区神田淡路町一丁目 昭和初期に建てられた〈看板建築〉の花屋です。建物の前面は花屋らしくデザインされています。店内は昭和30年代の花屋を再現しています。

左:武居三省堂(文具店)(たけいさんしょうどう)右:花市生花店(はないちせいかてん)|江戸東京たてもの園

写真左の武居三省堂(文具店)(たけいさんしょうどう)は、1927年(昭和2)千代田区神田須田町一丁目で、明治初期に創業した文具店だそうです。右の花市生花店(はないちせいかてん)は、1927年(昭和2)千代田区神田淡路町一丁目の昭和初期に建てられた〈看板建築〉の花屋だそうです。緑青銅板と白いガラスショウウィンドウの枠が素敵です。

ファサードと妻面のコントラストが潔い感じがします。

丸二商店(荒物屋)(まるにしょうてん) 昭和初期 千代田区神田神保町三丁目 昭和初期に建てられた荒物屋です。小さい銅板片を巧みに組み合わせて模様をかたち作り、建物の正面を飾っているのが特徴です。 店内は昭和10年代の様子を再現しています。裏手には長屋も移築し、それとともに路地の様子も再現しています。

丸二商店(荒物屋)(まるにしょうてん)

昭和初期千代田区神田神保町三丁目に建てられた荒物屋だそうです。銅板の菱葺きでしょうか。

銅板菱葺きといえば、私が設計したプラザレジデンス9があります。景観法で金属板外壁仕上げが規制され本来仕上げとして用いることができませんでした。しかし、審査段階で銅板菱葺きをファサードにする提案をしたところ審査が了承されました。背景には日本人の心象風景として審査員にもこの建物のようなイメージがあるからだと思います。

丸二商店(荒物屋)(まるにしょうてん) 昭和初期 千代田区神田神保町三丁目 昭和初期に建てられた荒物屋です。小さい銅板片を巧みに組み合わせて模様をかたち作り、建物の正面を飾っているのが特徴です。 店内は昭和10年代の様子を再現しています。裏手には長屋も移築し、それとともに路地の様子も再現しています。

銅板ファサードと妻面の長屋の構成

ファサードの看板建築としての銅板葺きと実用の長屋の側面が費用のかけ方のコントラストが強すぎるように感じます。当時では、銅板葺きと杉板下見張りでは工事費が何倍も違うのではと思います。それほどまでに看板としてのファサードに注力して集客をしていたということなのだと思います。商業ビルの原点としてファサードの重要性を再認識しました。

植村邸(うえむらてい) 1927年(昭和2) 中央区新富二丁目 建物の前面を銅版で覆ったその姿は、〈看板建築〉の特徴をよくあらわしています。 外観は、全体的に洋風にまとまっていますが、2階部分は和風のつくりとなっています。

植村邸(うえむらてい)|江戸東京たてもの園

1927年(昭和2)中央区新富二丁目に建てられていたようです。建物の前面を銅版で覆ったファサードが、〈看板建築〉の特徴をよくあらわしています。

植村邸(うえむらてい) 1927年(昭和2) 中央区新富二丁目 建物の前面を銅版で覆ったその姿は、〈看板建築〉の特徴をよくあらわしています。 外観は、全体的に洋風にまとまっていますが、2階部分は和風のつくりとなっています。

ファサード以外も注力されています

他の建物は側面が杉板下見張りで安く仕上げられていましたが、この建物は側面も金属板平葺き仕上げで屋根がマンサードのようになっていて銅板葺きで統一されています。これは建物全体にバランスがとれていて現代の建築に近い考えだと思いました。

江戸東京たてもの園

観覧料を支払って入園しないと建物外観も見えないので、来園する日時に注意が必要です。

tel:042-388-3300

fax:042-388-1711

開園時間

4月~9月:午前9時30分~午後5時30分

10月~3月:午前9時30分~午後4時30分

休園日

毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は、その翌日)年末年始

駐車場

有料 コインパーキング

観覧料

個人 団体(20名以上)
一般 400円 320円
65歳以上 200円 160円
大学生(専修・各種含む) 320円 250円
高校生・中学生(都外) 200円 160円
中学生(都内在学または在住)

小学生・未就学児童

無料 無料

上記は2018/1/30現在の情報です。

関連記事

  1. 外観宿泊棟 フォレスト益子|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

    フォレスト益子|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  2. 外観|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

    太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  3. つくばカピオ外観

    つくばカピオ|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  4. 片岡直樹の建もの探訪|ゑしんの里記念館 詩的な壁の表現

    ゑしんの里記念館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  5. 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県寒河江市にあります内藤廣先生による設計の最上川ふるさと総合公園センターハウスを見学してきました。

    最上川ふるさと総合公園センターハウス|住宅/ビル/マンション設計者の建…

  6. 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。栃木県那須郡那珂川町にあります隈研吾先生による設計の那珂川町馬頭広重美術館を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と展示室以外にあるエントランス部の内部撮影をさせて頂きました。新建築 2000年11月号に発表された作品です。村野藤吾賞 日本建築学会作品選奨などを受賞されています。美術館にはカフェが併設されています。

    那珂川町馬頭広重美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  7. なかまちテラス (小平市立仲町公民館・仲町図書館)外観

    なかまちテラス (小平市立仲町公民館・仲町図書館)|住宅/ビル/マンシ…

  8. 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。栃木県芳賀郡益子町にあります原田真宏先生原田麻魚先生による設計の道の駅ましこを見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と内部撮影をさせて頂きました。栃木県芳賀郡益子町に発表された作品です。2017年度JIA日本建築大賞を受賞されています。

    道の駅ましこ|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

片岡直樹| 建築家|一級建築士|設備設計一級建築士

片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所

代表 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を受賞しました。
  2. オフィスインテリアデザイン南青山
  3. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  4. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  5. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  6. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  7. マンションインテリアデザイン
  8. 賃貸マンション外壁改修デザイン文京区駒込での事例
  9. レストラン店舗デザインリフォームの事例南青山

おすすめ記事

  1. 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。栃木県湯津上村(現・大田原市)にあります古市徹雄都市建築研究所・佐藤総合計画特定設計業務共同企業体による設計の栃木県那須郡那珂川町を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と一部の内部撮影をさせて頂きました。新建築 2001年9月号に発表された作品です。
  2. 村山市総合文化センター 甑葉プラザ|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県村山市にあります高宮眞介先生+日総建による設計の村山市総合文化センター 甑葉プラザを見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と内部撮影をさせて頂きました。新建築 2010年10月号に発表された作品です。
  3. 片岡直樹の建もの探訪|清瀬けやきホール
  4. すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪
  5. 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。山形県寒河江市にあります内藤廣先生による設計の最上川ふるさと総合公園センターハウスを見学してきました。
PAGE TOP