すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。

墨田区にあります妹島和世先生による設計のすみだ北斎美術館を見学してきました。職員の方の許可を頂き外観と一部の内部撮影をさせて頂きました。新建築 2017年1月号に発表された作品です。

すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

緑町公園側外観

写真は人がいない一瞬をねらって撮りました。目の前が公園でたくさんの子供たちが遊具で遊んでいました。美術館+公園というベストマッチのロケーションです。なんでもない都会のちいさな緑町公園が、すみだ北斎美術館の影響で人の集まる公園になっています。すばらしい相乗効果です。にぎわいを作るのためには、建物本体だけでなく、連続する外部空間を作ることの重要性を勉強できました。

すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

アルミパネルに見えない光輝合金発色の外装パネル

見学したときはわからなかったのですが、ステンレス2B仕上げのように見えましたが、色が違うので何の金属パネルなのかわかりませんでした。後でネットで知ったのですが、この外装パネルは、菊川工業のアルマイト仕上げによる光輝合金発色という特殊なアルマイト仕上げのようです。大判パネルのひずみのないようすから厚みは見た目4mmか5mmくらいあるように見えましたが小口が見えるので、3mmのようです。わたしも設計で一枚板の小庇などでアルミ3mm厚の設計をしたことがありますが、これだけ大きな外装パネルでできるとは大変興味深く勉強になりました。

菊川工業のアルマイト仕上げによる光輝合金発色のリンク→https://www.kikukawa.com/product/sumida-hokusai-museum/

すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

東側外観

建物が途中で折れ、前にせり出したり後ろに倒れたりすることによるスカイラインの変化が大変興味深いです。

すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

出隅のエッジがシャープな西側緑地側外観

留部のアルミパネルが折りではなく細目地納まりになっています。とてもシャープで美しいデザインディテールです。この建物のスカイラインの肝のディテールだと思います。3mm厚のアルミパネルでこれだけの大判で目地を通す下地のディテール設計が大変興味深いです。手がかりの切れ防止で目地部をさわってみましたが、しっかりべべリングがかかっていると思います。シャープさと安全面の両立が3mm厚で可能であることがとても勉強になります。

床とのパネル取り合いが、スラブ立ち上がりでパネルから面落ちになり、浮かした表現になっています。かっこいいです。

すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

東側のスリット

アルミパネルのエッジがガラスカーテンウォールより少し勝たせてあるのがシャープに見える秘訣なんだと思いました。

講座室|すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

講座室

斜めのガラスカーテンウォールに対して出入口は垂直になるので、なかまちテラスと妻面の三角パネルが同じ感じがします。柱の位置がガラスカーテンウォールから離れているのが違います。

すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

建物の中央から十字に分割する通路

なかまちテラスと同じ構成だと思いました。このプランの良いところは、建物内側に入口 風除室を設けて、外観に風除室や庇がないため建物のプロポーションが美しく保てることだと思いました。勉強になります。

エントランスホール風除室|すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

エントランスホール

正面が風除室で写真右手がミュージアムショップです。一部が2階まで吹き抜けているので広く感じます。層を構成するガラスカーテンウォールに沿った鉄骨梁の耐火被覆が工夫されて、梁が細く見えるので、自然な吹き抜けに感じさせる効果があると思いました。勉強になります。

展望ラウンジ|すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

4階展望ラウンジ

鉄骨梁のようなものが露出しています。私には、構造的にどういう流れでこうなっているのか見えにくく合理性が見て取れない中で、耐火被覆材で囲うわけでもなく、たぶん耐火塗料で急に露出していることに、違和感を感じました。

展望ラウンジのベンチシートの配列が室内を向いています。ちなみに、妹島先生のなかまちテラスでは、椅子は景色が眺められるようにエキスパンドメタルで覆われた窓を向いていました。

常設展の入口からホワイエの見返し

4階へはエントランスホールから2基のエレベーターで4階に上がり、階段で3階に降りて、3階から1階へは、昇りと同じエレベーターで1階に降りる順路です。建物規模が小さいくフロア数が多く、また、2階が閉架されているので、来館者が多過ぎるとき、エレベーター前では大混雑があります。エレベーターの移動を前提とすることのむずかしさがあります。勉強になります。

手すり壁が厚い鋼板製です。竪穴区画のシャッターレール支柱が階段吹き抜けの折端点に存在しています。

螺旋階段見下ろし|すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

4階から3階に降りる螺旋階段

変則的な螺旋階段であることが見下げで分かります。

3階ホワイエ窓下部ディテール|すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

スリット窓 下端ディテール

壁面を照らすLED照明が床に仕込まれています。鋭角なガラス突き付け納まりでフラット面を設けて納められていました。

3階ホワイエ窓上部ディテール|すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

スリット窓 上端ディテール

目透かし部ブリーズライン空調になっているのでしょうか。スリット窓に角度がついているので天井部での納まりが大変なことになっています。大変な納まりでもグズグズにならず、とても施工がきれいです。超絶施工で凄過ぎます。

エントランスホール|すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

1階エントランスホール

エレベーターホールと多目的トイレのエリアをガラスのスリットが分節しているように見えます。

エントランスホール|すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

1階エントランスホール

このガラスのスリットがあることによって外部の景色が室内の奥にいても、より外部を見通せる効果があると思いました。

エントランスホール|すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

2つのガラススリット

ガラススリットを重ねてさらに奥のガラススリットを眺められて楽しいです。

ミュージアムショップ地下へのらせん階段|すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

螺旋階段の有効踏み面

螺旋階段の有効踏み面を示す床グラフィックが勉強になりました。

地下螺旋階段|すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

地下1階螺旋階段

住宅ではこのスケール感で螺旋階段があることはよくあることだと思います。広く大きい気積のエントランスホールから地下の狭いホールに降りるときに急激に住宅スケールの螺旋階段を通ると、すごく窮屈で圧迫感を感じることがわかりました。なかなか体験できないスケール感が大変勉強になりました。

1階窓ディテール すみだ北斎美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

1階外部 ガラスのスリットと外装アルミパネルのディテール

エッジカバーの樹脂がついていてわかりにくいのですが、外装アルミパネルが少し勝った納まりで、エッジがシャープに見えます。建物のスカイラインがクッキリして、スリットがシャープに見える秘密だと思います。わざとアルミパネルの小口を見せるように勝たせるのはとても興味深いディテールです。

パネルの目地部では、パネル面が斜めに傾斜している建物のため、パネルカット面が直角でなく鋭角に尖ったところもありますした。公共建築でも良しとしているのがとても興味深いです。

コンクリート床に吹き出し口穴があります。カバーが面奥にありました。コンクリートのエッジがかっこいいですが、段差とゴミだまりが気になります。ガラスと壁の納まりでは、ガラス勝ちになっています。ガラスにバッカー状のスポンジがきれいに納められています。壁勝ちとして壁小口をパネルとすると、壁アルミパネルのエッジが目立たなくなるからだと思いました。大変勉強になります。

なかまちテラスとすみだ北斎美術館を比較して

妹島先生設計のなかまちテラスとすみだ北斎美術館では用途や工事費坪単価などいろいろ違いがあると思いますが、1階フロアを十字に切る全方向から入口に行けるプランが類似性が高いと思います。なかまちテラスの方が先にできた建物なので、後からできたすみだ北斎美術館はディテールが洗練されていると思います。

エキスパンドメタルとアルミ大型パネルの外装材の違いで、スカイラインがあいまいな素材と面がシャープなパネルの比較ができると思います。

なかまちテラスと比較してみると、前例を改善したディテールで洗練されたすみだ北斎美術館の方が良いようにも見えますが、気概というか熱意というか前例のないものを作るプロトタイプの勢いが感じられて荒いディテールに見えますが、なかまちテラスはそれを乗り越えているように自分では解釈しています。

私の設計で振り返ってみますと、設備設計一級建築士取得のための勉強でデザイン・美学だけでなく、設備にも興味が広がり、今は構造設計一級建築士に向けた勉強で構造に大変興味があります。自分の設計作品でも後から設計したほうがよりブラッシュアップされているはずですが、初期には初期の良さがあるのだとあらためて気づかされました。大変勉強になりました。

すみだ北斎美術館

所在地:〒130-0014 東京都墨田区亀沢2丁目7番2号

TEL:03-5777-8600 ハローダイヤル(8:00-22:00)

開館時間:9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)

休館日:毎週月曜日(月曜が祝日または振替休日の場合はその翌平日)、年末年始(2017年12月29日~2018年1月1日)
上記以外にも臨時休館する場合がございます。

観覧料金

常設展

  1. 一般  400円(団体320円)
  2. 高校生、大学生、専門学校生、65歳以上 300円(団体240円)
※高校生・大学生・専門学校生の方は生徒手帳・学生証を、65歳以上の方は年齢を証明するもの(健康保険証・運転免許証など)のご提示をお願いいたします。
観覧券は1階チケットうりばでお買い求めください。

常設展観覧料が無料となる方

  1. 未就学児童、小学生、中学生
  2. 墨田区内の高等学校に在学している高校生及び引率者が教育課程に基づいて観覧する場合(事前にご連絡をください。区外の高等学校に在学している高校生は有料となります。)
  3. 身体障がい者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方及びその付添いの方(付添いの方は当該手帳をお持ちの方1名につき1名まで。入館の際は障がい者手帳等のご提示をお願いいたします。)
  4. 幼稚園児、小・中学生及び保育所に入所する児童の引率者が教育上または保育上の目的のために観覧する場合(事前にご連絡をください。)

企画展

展覧会ごとに異なります。詳しくは、各企画展のページをご覧ください。

公式WEBhttp://hokusai-museum.jp/

(2018/07/08現在の情報です。)

関連記事

  1. 屋上広場 住宅/ビル/マンションのデザイン建築設計事務所をしている片岡直樹が向学のために名建築を訪ねるシリーズです。 今回は神奈川県横須賀市にあります。横須賀美術館を見学してきました。

    横須賀美術館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  2. 片岡直樹の建もの探訪|秋葉区文化会館

    秋葉区文化会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  3. なかまちテラス (小平市立仲町公民館・仲町図書館)外観

    なかまちテラス (小平市立仲町公民館・仲町図書館)|住宅/ビル/マンシ…

  4. 片岡直樹の建もの探訪|いちょうの館 横浜市立大学交流プラザ

    いちょうの館 横浜市立大学交流プラザ|住宅/ビル/マンション設計者の建…

  5. 片岡直樹の建もの探訪|新発田市役所庁舎外観

    新発田市役所庁舎|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  6. 片岡直樹の建もの探訪|清瀬けやきホール

    清瀬けやきホール|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  7. 外観|太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

    太田市民会館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

  8. 伊勢崎線太田駅からの外観|太田市美術館・図書館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

    太田市美術館・図書館|住宅/ビル/マンション設計者の建もの探訪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

片岡直樹

片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所

代表 片岡直樹

設備設計一級建築士

一級建築士

管理建築士

読売理工医療福祉専門学校非常勤講師

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

2014グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス9の設計監理にて受賞致しました。

デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を頂きました。2008

2008グッドデザイン賞をデザイナーズマンション プラザレジデンス8の設計監理にて受賞致しました。

建築雑誌KJ2016年12月号に「掲載されました。

建築雑誌KJ2016年12月号にデザイナーズマンション3作品が掲載されました。

制作実績一覧

  1. オフィスインテリアデザイン南青山
  2. デザイナーズマンションの設計でグッドデザイン賞を受賞しました。
  3. デザイナーズマンション グッドデザイン賞 建築家
  4. オフィスインテリアデザイン原宿での事例
  5. コンクリート打ちっぱなしの家 東京での事例
  6. デザイナーズマンション豊島区巣鴨での事例
  7. マンションインテリアデザイン
  8. 賃貸マンション外壁改修デザイン文京区駒込での事例
  9. レストラン店舗デザインリフォームの事例南青山

おすすめ記事

  1. 火災と外断熱  2017年6月グレンフェル・タワーのロンドン火災 2015年2月ドバイの超高層住宅ザ・トーチ 2010年11月上海高層住宅 2009年2月中国北京テレビ文化センターTCVV 外断熱仕様の中高層ビルでの外壁材火災事例 外断熱設計は、雨仕舞設計・断熱設計・防火設計など高度な設計技術が必要な仕様です。日本での起こる可能性について考えてみました。
  2. 片岡直樹の建もの探訪|清瀬けやきホール
  3. 片岡直樹の建もの探訪|アーツ前橋
  4. KJ2016年12月号片岡直樹建築設備設計一級建築士事務所1page
PAGE TOP